ヒデキマツバラの猫道Blog

弾いて歌って踊るサウンドクリエイターが綴るドラネコ風エッセイ

コンサート舞台

新天地創造 〜80分で世界一周〜

グラフィックデザインが好きだ。過去のブログでいくつかご案内してきた通り、告知フライヤーとかちょいちょい作ったりしている。今日はグラフィックを切り口に話を進めていくとしよう。 マクロとミクロ 毎度、不思議だなぁと思ってしまう。ほんのハガキサイ…

お客様は神様なのか?

映画館から出たら、街の景色が違って見える。旅先から帰宅したら、家の中や外の光まで違って見える。そしてコンサート本番を終えたら、日常の何もかも違って見える。 春爛漫 この春一番の陽気に恵まれたその日、僕はコンサート会場内を駆けずり回っていた。…

ネーミングの才

4月にサロンコンサートを控えている。 ちょうど1年前にカワイ楽器店さんから打診を頂いて、このたび実現することになったのである。 新しいコンサートホール そのホールの下見に行ったのは昨夏のこと。 ビルの老朽化に伴い、なじみ深い八丁堀えびす通りか…

笑い初め

ボクを受け止めてぇぇぇぇぇっっ!!!!!!!!!! もとい 突き落とすなんてぇぇぇぇぇっっ!!!!!!!!!! そんなわきゃない お客様と一緒にバック宙!!!!!!!!!! おいおい お客様とハイタッチ!!!!!!!!!! の図でした。 本年は、各方面でハイタッチな1年にしていきたいも…

水槽ぐらしの舞台人

シェールの「ビリーブ」という歌に、こんな一節がある。 “Do you believe in life after love?” (愛する者が去った後の人生なんて考えられる?) 水槽で泳ぐ熱帯魚のごとく、 人は「日常」という水槽の中で棲息している。 「家庭」という水槽。 「仕事」と…