読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒデキマツバラの猫道Blog

弾いて歌って踊るサウンドクリエイターが綴るドラネコ風エッセイ

火星の王子さま

ようこそ「ヒデキマツバラの猫道Blog」へ。

「ねこみち」と書いて「キャットウォーク」とお読みいただきたい。

 

 

ご覧の通り、音楽を生業としている。

 

f:id:hidekimatsubara:20160803062748j:plain

 

夜、我が家のネコたちが眠りにつくと、僕は音作りに没頭する。

そして朝日が顔を出す頃、彼らと入れ違いにベッドに潜り込む。

 

よって、我が家はネコが人並みで、僕がネコ並みな生活をしている。

いうなれば、僕は「ネコ並みの夜型人間」だ。

 

「またそんな不規則な生活して」

今日も耳にタコな一言。

 

そもそも昼夜逆転生活が不規則だとされる点が納得いかない。 

朝起きて夜寝るというサイクルが規則正しいなら、

昼起きて朝寝るというサイクルも規則正しいのではなかろうか。

これは我ながら正論だと思う。

 

ところが最近、「ネコ並みの夜型人間」だったはずの生活に変化が現れた。

睡眠時間が徐々にずれていくのだ。

 

ある日は、正午0時起床/午前5時就寝、

その翌日は、午後1時起床/午前6時就寝、

さらに翌々日は、午後2時起床/午前7時就寝、

そして3日も経つと、午後3時起床/午前8時就寝。

 

こうなると、週単位で創作時間帯が大きく変動する。

先週は夜型人間でも、今週は朝型人間になり、来週には昼型人間というわけだ。

もはや「ネコ並みの夜型人間」という説明では通らない。

 

「ネコ並みの夜型人間」だけど、今週は「人並みの朝型人間」やってまして。

とか

「飼いネコ並みの昼型人間」やってますが、来週は「ノラネコ並みの夜型人間」に戻ります。

など、回りくどい弁明に終始する羽目になる。

 

「ほら、やっぱり不規則な生活!」

そう断言される前に、僕の釈明を聞いていただきたい。

 

そもそも、人間の体内時計は25時間周期だと言われている。

これは地球より火星の自転周期に近い。

そこから生まれた仮説をご存知の方も多いだろう。

人類は火星で生まれ、何らかの事情で地球へ移住してきた!とする説だ。

よって、体内時計は火星人だった頃の名残なのだとか。

 

ゆえに、火星人からすれば、25時間の生活サイクルは極めて健全なのである。

我らは火星の王子さまと同じDNAを受け継いだ種なのかもしれないのだ。

火星万歳!

 

こうして僕は、今日もまた「火星のノラネコ並みに夜型人間」な1日を送っている。