ヒデキマツバラの猫道Blog

弾いて歌って踊るサウンドクリエイターが綴るドラネコ風エッセイ

羞恥心という名のお届けもの

新顔の郵便配達員がきた。

まだ学生だろうか。

若いっていいな。

 

固まった肩、浮いた腰、たどたどしい口調。

物腰、ふるまい、話し方、すべてが一生懸命で初々しい。

つい昨日までの自分を見ているようでもあるし、

ハイハイしたての赤ん坊を見守る保護者気分でもある。

 

「ご利用ありがとうございました」

捺印を確認して伝票を剥ぎとり、退こうとする配達員。

玄関扉を開けたまま、立ち尽くす僕。

2秒の沈黙。

 

チャイムを押してから、彼にとって最も長い2秒だったに違いない。

全神経を研ぎ澄ませて、答えを求めたに相違ない。

うだるような夏空の下、突如訪れた沈黙が意味するものを。

 

彼は気づいた。

お届けものを手にしたまま、踵を返そうとしていたことに。

 

それは日常に転がり込んできた喜劇。

お互い笑い飛ばしてしまえば、シャボン玉のように消えてなくなるもの。

 

しかし、ここは黙するのが親切心。

慣れないやりとりで手一杯の彼には、笑う余裕なんてない。

少なくとも配達バイクに戻るまでの間、

しぼんでいく自尊心だけでなく、羞恥心まで抱えこむ羽目になったのだから。

 

「どうもご苦労様でした」

そう言って荷物を受け取ると、僕はゆっくり扉を閉めた。

ドンマイ。

 

恥をかかないために、

失態を犯さないために、

面目を失わないために、

大人たちは死に物狂いで生きている。

 

若いっていいな。