ヒデキマツバラの猫道Blog

音楽/創作活動のかたわら発見した気づき、笑い、癒し、そして魔法をつづったドラネコ風エッセイ

新天地創造 〜80分で世界一周する方法〜

グラフィックデザインが好きだ。
過去のブログでいくつかご案内してきた通り、告知フライヤーとかちょいちょい作ったりしている。
今日はグラフィックを切り口に話を進めていくとしよう。

 

マクロとミクロ

毎度、不思議だなぁと思ってしまう。
ほんのハガキサイズの小さな空間でも、グラフィックならそこにすべて収まってしまうのだ。
大洋から銀河へ、マクロコスモスに膨らませても、
細胞から潜在意識へ、ミクロコスモスに縮めても、
無限に表現できてしまう。
そこがグラフィックの面白さだ。

 

アイディアとセンス次第で、粋にもなれば野暮にもなる。
視覚イメージ、色彩(色調)、文字情報、レイアウト。
すべてはバランス感覚が勝負。
そこが性に合ってるのだろう

 

その作業工程を音楽で例えるなら、さながらオーケストラを率いて一大交響曲を奏する指揮者である。
夢中で作り込んでいくうち、時間の世界からヒラリと抜け出す。
さっき夕食を食べ終えたと思ったら、もう朝食のお呼びがかかるほどに。

 

天地創造

クリエイトすること、それは天地創造である。


新しい輝き、見たことのない形、味わい深いひらめきを探し求めて、
頭の周りの周回軌道に問いを巡らす。

 

始まりはいつも手探り。
そこは、なかなか足のつかない無重力空間。
意識だけがフワフワ浮いていて、答えどころか、形さえ存在しない漆黒。
前後/左右/縦横のない不如意で不安定な空間である。

そこへ、朝一番の木々の息吹に似たものが吹き込まれる。
チカッと生命のまたたきが生じる。
闇から一転、光に満たされる。
無から陸地が出現する。

 

そして、新王国があなたを待っている。
あなたは無我夢中になって、内なる創造神の資質を発揮する。

 

新天地

9月にコンサート公演が決まった。
テーマは世界各国の音楽。
シャンソン、ボサノバ、ワルツ、アラビア音楽から
映画音楽、ミュージカルまで何でもあり。

 

さて、どうしよう?

 

フライヤー制作とコンサートタイトルを一任されて12週間、
いつにも増してフワフワ無重力状態で過ごした。

 

もしこれがあなただったら、どんな風にデザインするだろうか?
ちょっと一緒に想像してみよう。

 

世界の音楽が一堂に会する場。
多様性。
躍動感。
熱気。
それを目に見える形で人々に伝えたい。
コンサートの前奏曲代わりに。

 

あなたはどんな形で表現するだろう?
あなたが手にする色は何色だろう?
自分の外側にある広い世界に向けて、あなたはどんなイメージを贈れるだろう?

 

 三位一体

僕の周回軌道にもたらされたアイディアが3つ。
国旗。
地球儀。
そしてジュール・ヴェルヌ

 

以上が三位一体を成して、完成したデザインがこちらである。

 

 

 

 

 

f:id:hidekimatsubara:20170731112307j:plain

 

ディープブルーを基調にしたカラフルな色彩は、多国籍を演出しながら、
今の季節感にも合ったホット&クールな仕上がりを意識。

 

とりわけこだわったのが、円形を多用したデザインである。
19世紀フランスのSF小説ジュール・ヴェルヌの作品「80日間世界一周」にちなんで、
随所に「8」や「0」あるいは「∞」をシンボル化しているのがおわかりいただけるだろうか。

 

同作品にヒントを得て、コンサートタイトルも決まった。
「Around The World in eighty minites Concert(80分間世界一周コンサート)」と名付けた公演は、文字通り休憩時間を挟むと本編がちょうど80分なのである。


まるで偶然のように、143年の時空を経てヴェルヌからもたらされたアイディアの贈り物。
それは僕にとって他には代えがたい制作報酬となった。

 

こうして周回軌道を巡らせていた問いがすべて形を得た今、
次なる周回軌道は、本番に向けた選曲と新曲制作だ。
フワフワしてる僕を見かけたら、声はかけずに、遠くから応援していただけると幸いである(笑)

 

ブログランキングに参加しています。
当ブログがお気に召した方は、下の【ミュージシャン】ボタンを押して下さい。
1日に1回だけ投票することができます。 ご協力ありがとうございます。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村