ヒデキマツバラの猫道Blog

音楽/創作活動のかたわら発見した気づき、笑い、癒し、そして魔法をつづったドラネコ風エッセイ

逍遥ノススメ 〜あなたが見逃している財宝〜

僕の街には図書館がたくさんある。
その数、我が家から徒歩圏内だけで7館。
ちょっと尋常じゃない数だと思う。

 

もっとも、周りの人の証言によると、
「徒歩圏内の図書館? せいぜい1〜2館でしょ」
「徒歩で片道50分かかる距離を歩くの、ヒデくんくらいだよ」
というわけで、かなり僕の独りよがりな徒歩圏内らしい。

 

ともかく、家を出てから東西南北、
どの方角に歩みを進めても、
7つのうち、いずれかの図書館にたどり着く。

 

繁華街を突っ切っても、
川土手を下っても、
手近な小山に登っても、
そこに図書館がいる。

 

「いる」のである。
「どうぞお入りなさいな」
という顔をして。

 

こうして、今日も僕は歩いている。
「歩いている」というのがポイントである。

 

実のところ、図書館通いを楽しんでるのか、
それとも散策を楽しんでいるのか、甲乙つけがたい。

 

一番近い図書館だと、自転車を飛ばして2分。
徒歩50分かかる図書館でさえ、車を出して
運良く交差点20カ所をすり抜けられれば、
CDの2曲めが終わる前に到着できる。

 

そんな距離を、極力アスファルトを回避しつつ、
緑豊かな小道や愉快な脇道へそれながら、遠回りして歩く。
そこが醍醐味なのだ。


足の向くまま、気の向くまま。
時間をかけて歩くことに価値がある。


なぜって?
歩けばあなたにもわかる。

 

耳を澄ましてごらん。
ゆっくり呼吸してごらん。
そして、心を開いてごらん。

 

止まっているような退屈な時間の向こう側に、
小さな冒険と魔法が潜んでいる。

 

風の吐息

鳥たちの音楽

木々の挨拶

水面の合図

花々の微笑

雲の行進

雨粒のダンス

木洩れ陽のキス

 
それはあまりに小さく、ささやかすぎて、
自転車や車で走り抜けてしまった途端、
魔法は消え失せてしまう。

 

あなたを満たし、幸せにする秘密の魔法。
それは、あなたが歩いている時にだけ出会える。

 

f:id:hidekimatsubara:20170831023713j:plain

(写真/お散歩の合間に)

  

ブログランキングに参加しています。
当ブログを応援したい!という方は、下の【ミュージシャン】ボタンを押して下さい。
1日に1回投票することができます。 応援ありがとうございます。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村