ヒデキマツバラの猫道Blog

サウンドクリエイターの日常に潜む笑い、癒し、気づき、そして魔法をつづったドラネコ風エッセイ

夢の収穫月

11月初頭。

僕は燃えていました。

新たなチャレンジ。

ミュージカルパンフレット制作。

全8ページ。

 

3週間にわたる大仕事でした。

パンフレット本体デザイン、9社分のスポンサー広告デザイン、そして出演キャストのポートレート撮影まで、何もかも自分一人で手掛けてしまおうというのですから。

 

なんて壮大なる無謀!

もとい(笑)

なんて壮大なる野望!

まるで次世代のボーイング新型開発機、僕が設計して組み立てて操縦して飛ばしますよ!って宣言したにも等しいほどです。

 

夢をクリエイトしたい!という抑えがたい性分。

「ありきたりな事をするくらいなら、やるな!」が持論。

手を抜くなんて論外、完成度を落とすのは作品の命を落とすも同然。

自分の創造性に忠実でありたい。

こうした考えを合体させると、ヒデキマツバラの出来上がりです(笑)

技術レベルや経験値なんて顧みず、目指すのは一生に一度きりの独創的なデザイン。

 

ひとたび物事が転がり始めると、宇宙は他のお仕事までもたらします。

グラフィックデザインで手一杯なところへ来ました来ました、音楽制作、脚本制作、演出、広報、事務処理、新事業の準備。

ことごとく眼前に締切日を突きつけます。

1つ締切を切り抜けたら、次の締切へ。

さながら刺客に追われるサムライです。

 

やることリストを掲げます。優先順にこなしていきます。

こなしているのに、日々リストを改訂するたび、やることが増えていくのはどうしたわけでしょう?

気分はタコ足配線のコンセント。

 

「果たして本番までに万事うまく準備できるのか?」

それは底なし沼の容積を計測するようなもの。

思考を縛りつけようとする悪魔からの問いかけです。

そういう時こそ、自分が力んでいることに気づく絶好のタイミング。

 

力むと、あなたの許容量はデミタスコーヒーカップほどに萎縮してしまいます。

すぐに限界を超え、溺れてしまうのも時間の問題でしょう。

一方、心地よさを感じる時、あなたは大洋につながります。

それはあらゆる大河の流れをしなやかに受け入れる海。

どれほど川が氾濫しようと、海まで影響が及ぶことはありません。

 

大海原の気持ちで取り組めば、直面しているものに変化が訪れます。

牛歩の如く進めていた作業が高々と帆を上げ、スィーっと風の軌道に乗る。

自分がクリエイトしているはずのもの、それ自身が意志を持ち、鼓動を打ち始める瞬間です。

誕生に向けて、目に見えぬ創造の海という母胎の中で手足を広げ始める作品。

そして僕は予感するのです。

熟れたての甘い果実をもぎ取るような至福感を。

  

 

さて、そんな「夢の収穫」に向け、無我夢中で頑張っていた矢先でした。

突然、夢から現実へと引き戻される出来事が起こりました。

 

家族が緊急手術を受ける事になったのです。 

不調を訴えて病院に駆け込んだところ、明日にでも手術しなければ、とお医者様。

急を要する話に、当人はもちろん、僕もショック。

 

当たり前のようにそばにいる家族の身にいざ問題が起きると、その存在価値が自分にとってどれほどのものか突きつけられます。

僕は思い知りました。

自分一人で頑張ってるつもりだったけど、連日フル稼働で制作に専念できたのは、それを陰で支えてくれる家族がいたからなのだと。

 

夢の種は、土の中から芽を出します。

「土」とは「理解」や「支え」のこと。

夢を下支えしてくれるルーツがなければ、花や果実など望むべくもありません。

 

あぁ、なんて僕はちっぽけで傲慢だったんだろう。

ごめんなさい。

 

幸い、病状は初期段階でした。手術は無事成功。

サクランボのスパークリングワインを取り寄せて乾杯しました。

僕が夢を追えるのは、家族という恵みの大地に根を伸ばしていられるおかげ。

 

さらに、思いがけない恩恵にも恵まれました。

助けてくれた人たちの存在。

送り迎えの足になってくれたり、脚本や楽曲のデータ作成を手伝ってくれたユミさんにトムくん、心から感謝しています。

本当にどうもありがとう。

 

塞翁が馬。

公私とも渦中にあった11月。

自分がいかに果報者であるか気づけた11月。

夢の収穫まで、あと8日。

 

f:id:hidekimatsubara:20171124114838j:plain

写真/家族が飾ってくれた秋色のテーブル

  

ブログランキングに参加しています。
当ブログを応援してみようと思われた方は、下の【ミュージシャン】ボタンを押して下さい。
1日1回投票することができます。 応援ありがとうございます。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村