ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ目線でサウンドクリエイターの日常に潜む笑い、癒し、気づき、魔法をつづったキャットウォーク・エッセイ

海から眺めた瀬戸内海

f:id:hidekimatsubara:20181210234252j:plain

 

この秋、離島をめぐる行楽クルーズに出かけました。

その道中もろもろのフォトアルバムを、2回に分けてご紹介していきます。 

 

行き先は忽那諸島(くつな しょとう)

愛媛県の松山沖に位置する島々です。

 

同行するツアーメンバーは、我が音楽スタジオのレッスン生たち。 

貸切高速船に乗り、四国を目指していざ出発!

 

f:id:hidekimatsubara:20181210180752j:plain

美美の環スタジオ一行 ピンクGジャン&サングラスでご機嫌なのが筆者

広島プリンスホテル

広島港を出て、そのまま元宇品(もとうじな)という小島をぐるりと半周。

見えてきたのは広島プリンスホテル

 

おととし、G7外相会合が開かれたのも記憶に新しいところ。

瀬戸内の多島美が一望できるホテルです。

 

f:id:hidekimatsubara:20181210181108j:plain

 

来年ここでコンサートを開催するんです。

この夏からホテルに足を運んでは打ち合わせや準備を進めてます。

いずれブログでも告知いたしますね。

 

呉港(戦艦大和建造ドック跡、海上自衛隊呉基地

さて、広島湾を南下していきますと、たどり着くのが呉港。

かつて日本を代表する軍港として栄えた港です。

あの戦艦大和もここで生まれ、二度と戻らぬ航海へ旅立って行きました。

 

呉港のすぐそばにある博物館「大和ミュージアム」は見ごたえあります。

宇宙戦艦ヤマト」の漫画家、松本零士氏が名誉館長だったり。

 

さて、このクルーズの目玉のひとつが見えてきました。

戦艦大和建造ドック跡、そして海上自衛隊呉基地です。

  

f:id:hidekimatsubara:20181210181711j:plain

ドックでは、ものすごく巨大なタンカー2隻が造船中でした。

 

f:id:hidekimatsubara:20181210182017j:plain

圧巻!

巨大すぎてカメラに収まりません。

 

f:id:hidekimatsubara:20181210182321j:plain

こちらは海上自衛隊呉基地

護衛艦「あぶくま」が停泊してます。

 

f:id:hidekimatsubara:20181210230614j:plain

こちらもカメラで捉えきれないくらい近い!

掃海母艦「ぶんご」です。

上空のUFOは窓ガラスに映った船内照明なのであしからず(笑)

 

f:id:hidekimatsubara:20181210231125j:plain

こちらは潜水艦。

このあと目と鼻の先まで接近、大迫力でした。

 

いつもは接近することが禁じられているエリアですが、今回は許可が下りたのだとか。

僕も長いこと広島人やってきましたが、こんな間近で見る幸運に恵まれたのは初めてでした。

 

音戸の瀬戸(おんどの せと)

呉港の対岸には、この春お花見で訪れた江田島があります。

 

hidekimatsubara.hatenablog.com

 

その江田島と呉に挟まれた海峡を縫うように南下していくと、やがて音戸の瀬戸にさしかかります。

f:id:hidekimatsubara:20181210234406j:plain

 

音戸の瀬戸は広島湾を出入りする最短航路。

ひっきりなしに船が行き交う、海の要所です。

潮の流れが早く、昔から船乗りたちに難所として知られてきました。

 

ここでは1kmの区間にわたって海峡の幅が極端に狭まります。

最も狭いところで幅70m!

 

およそ850年前、ここを切り開くべく大規模工事を命じたお方こそ、あの平清盛でした。

なんとしてでも引き潮の間に工事を済ませたかった清盛公。

でも夕陽はまさに西の空へ沈もうとしています。

そこで清盛は金の扇を取り出し、太陽を持ち上げるようにあおぎ始めました。

すると太陽は昇り始めたのです!

そんな伝説が伝えられている名所です。

 

安芸灘(あき なだ)

音戸の瀬戸を抜けて安芸灘に出ると、海の印象は一変します。

のどかで明るい島々が途切れ、そこに広がる一面の海原。

 

穏やかな広島湾内と違い、波は荒くなり、潮の流れが激しくなります。

海の色合いも厳しいほどまでに深まり、不穏な色をたたえます。

 

f:id:hidekimatsubara:20181211000624j:plain

 

子供の頃から幾度となく旅行で利用してきた広島〜松山航路。

この海域に差し掛かるたび、なぜだか重たく物寂しい気分に襲われました。

まるで暖炉の火が赤々と灯る家から、ポンと荒野に放り出された気分。

 

目に入るものといえば、前方の遥かかなたに見える無愛想な島影だけ。

親しみ深い微笑みを向けてくれる広島湾内の島々と違って、取りつくシマもないほど人づきあい悪そうに見えます。

 松山行き航路ではいつも素通りするだけだった島々。

 

ところが今、船首はまっすぐそちらに向いてるじゃありませんか!

では、あれがこのたび上陸する忽那諸島!?

船底を揺する荒い潮流にもまれながら、ゾッとしました。

 

実は事前に下調べをしていて、あの海域にまつわる怪談話を見つけたのです。

詳しくは以下に掲載されてました。

nihon.syoukoukai.com

 

納得。。。

日中でも何気に不気味なのに、真夜中、それも人力で漕ぎながらあの海域を渡るなんてまっぴらです。。。

 

そこで僕たちを待ち受けているものは何なのだろう?

そこでどんな出会いと発見が待っているのだろう?

 (続く)

  

ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方は、下の【ミュージシャン】ボタンを押して下さい。
1日1回投票することができます。 サポートありがとうございます。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

  

Music House美美の環 クリスマスコンサート2018

f:id:hidekimatsubara:20181130231634j:plain

【Date】2018-12-22 (土) 14:00-15:30

【Place】カワイ広島店 パーチェ・ホール

【Ticket】¥1500

【Appearance】松原リディア美江、ヒデキマツバラ etc

【Contact】info@miminowa.com

 

最新ライブ動画


DISCONNECTED ヒデキマツバラ by Hideki Matsubara