ヒデキマツバラの猫道Blog

愛猫家ミュージシャン、ヒデキマツバラの猫道(キャットウォーク)ブログ

閉じた花屋でお買い物 〜太陽と夏風〜 - Shopping in Closed Flower Shop -

f:id:hidekimatsubara:20200818091948j:plain

  

お盆休暇2日目でした。

その日も午後からお墓参りへ行くことに。

 

そうそう、車を出す前に、ひとつ用事を済ませることにしましょうかと。 

神棚用に新しいサカキを求め、近所の花屋へ足を向けます。

 

セミの合唱を縫っていくと、白衣姿の女性が花屋をたたんでいるではありませんか。 

「あのおっ! もう終わりですか?」

自転車に乗って立ち去ろうとするその店員を、急いで呼び止めました。

 

「何かお求めですか?」

目鼻立ちのきれいな女性店員が、愛想よく振り向きます。

 

「サカキが欲しいんですけど」

「では中にどうぞ」

 

店員さんはサササッと店を開けると、スススッと奥へ入って行きます。

広い店内はクーラーを消してまだ間がないようで、心地よい冷気が漂っていました。

 

「ごめんなさいね、真っ暗で」

奥から声がして、電気がつきます。

  

「ごめんなさいね、音楽もかけなくて」

奥から声がして、ラジオがつきます。

 

その時、ふと僕の目に入ったのがカレンダー。

見ると、その日からこの花屋さん、お盆休暇に入っているではありませんか。

 

ごめんなさいを言うべきなのは僕の方でした!

「いえ、こちらこそお休みのところ、わざわざ開けていただいてすみません」

店の奥に向かって声を上げます。

 

「ごめんなさいね、お待たせして」

店員さんが、包んだサカキを手に現れます。

 

「いえ、こちらこそお手間かけてしまって」

こうして、ちょっとしたごめんね合戦を繰り返しながら、店員さんとお店を出ました。

 

「ちょうど良いタイミングでいらっしゃいましたね」

最後に店員さんはそう言って、太陽のようにニッコリ笑います。

そして颯爽と自転車に乗ると、夏風のように去って行きました。

 

 

◾️アーカイブ音源◾️

ブルー・プラネット、地球をテーマにした美麗ダンストラック


PLANET EARTH ヒデキマツバラ by Hideki Matsubara

 

◾️今月のライブ動画◾️

夏色全開のオリジナルソング「サーフボード」


SURFBOARD ヒデキマツバラ サーフボード by Hideki Matsubara 銀河船上ライブ