ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ目線でサウンドクリエイターの日常に潜む笑い、癒し、気づき、魔法をつづったキャットウォーク・エッセイ

メトロポリスで年越しを 〜夢の源泉地〜 - Metropolis: The Creative City -

f:id:hidekimatsubara:20210106234436j:plain

2021年元旦 お台場のチームラボにて

 

ただいま!

ほぼ10日ぶりにドラ猫ブログへ帰ってまいりました^^

 

松の内が明けるまでは控えてたネット活動、そろそろ再開します!

まだ喪中なので、新年のご挨拶はご遠慮させていただきますね<(_ _)>

 

お正月休暇、いかがお過ごしでしたか?

僕は年末から広島を離れてました。

 

道中の様子はツイートした通りで^^

パソコンでここをご覧の方は、この画面右側で画像や動画をご覧いただけるかと→→→

 

新年最初のブログは、上京エッセイ旅立ち編を書いていくとしましょう。

 

 

9:05 広島始発 臨時のぞみ号 - Extra Express to Metropolis -

みそかの朝、荷物を抱えて新幹線のプラットホームに立つ。

にわか仕込みの年越し旅行。

 

僕一人だけを乗せた車両が広島駅を滑り出すと、言い知れない開放感を覚えた。 

2年間いろんな感情を舐めながら必死で生き延びてきた地が、背後に遠ざかってゆく。

 

目指すは、創造性に満ち溢れたメトロポリス、トーキョー!

(*メトロポリス…国際的な巨大都市のこと)

 

自分のためだけの休暇 - Runaway If You Wanna Survive -

やにわに決めた東京行き。

この年末年始は全部シャットアウトして、自分のためだけに過ごそう。

 

休暇とは無縁だった2年間。

母の介護と死、それに続く怒涛の日々。

 

働き続けて、使い古したボロぞうきんのような心地。

深い学びを得たら、次は羽根を伸ばす番。

 

せっかくの休暇も、家にいればどうなるかは明白。

ついつい仕事に手をつけたり、ソーシャルネットワークにかまけたり。

 

しかも、母の温もりがなくなった家で、生まれて初めてひとりぼっちの年越し!

想像しただけでいたたまれない。

 

この寒々しい現実世界から脱出しなきゃ。

特別なエネルギーを補充するために。

  

直感からの声 理性からの声 - The Voice Within -

広島を離れろ。

今こそ動け。

 

この休暇中にインプットしろ。

メトロポリスのクリエイティブパワーを。

 

直感からの声が、僕に告げる。

幸いなことに、それを可能にする2つのものに恵まれていた。

時間と居候先。

 

実現可能な休暇が見えてくるや、理性の声が遮(さえぎ)る。

 

おい、正気の沙汰か?

各地でコロナ第三波が猛威を振るってる只中に東京って。

 

常識で考えろ。

コロナウィルスが戸口のすぐそこまで迫って、動くには最悪の時期だろ。

広島を離れるどころか、家でおとなしく自粛すべき。

 

第一、直前になって無計画の旅に出るなんて、お前の流儀にも反してないか?

 

理性のヤツは、僕をここにとどめる理由や言い訳を述べ立てる。

 

理性の声に従うことには、良い面と悪い面がある。

良い面は、リスク回避させて、自分を危険から守ってくれること。

悪い面は、リスク回避させて、自分の可能性を封じ込めてしまうこと。

 

クリエイターにとって、理性からの声が聞こえてきたら要注意。

それは創意や冒険へ通ずる支流を塞ぎ、ありきたりな本流に戻すための常套手段だから。

 

かつての自分だったら、理性の声の言うなりになっていたのだろう。

体裁や世間体を気にして、他人の幸福を優先して、自分の気持ちを封じ込めて。

そういう生き方から卒業させてくれたのが、直感からの声。

 

自分がどちらの声に従っているか、簡単に知る方法がある。

理性の声に従うと、物事は牛歩のように遅々として成就しない。 

直感の声に従うと、物事は斜面を転がり落ちるごとくトントン拍子に進む。

 

直感からの声に従って後悔したことは、これまで何一つない!

なぜなら直感とは、常に可能性に向けて開かれているから。

 

創造性の穴 - Way Out -

クリエイターにとって、最大の武器は発想力。

発想力をつけるためには、夢を食べて栄養をつけなきゃね。

 

ニューヨーク、ロンドン、東京。

世界のメトロポリスこそ、夢の源泉地。

刺激と高揚感と感動の中枢にダイブするたび、自分の創造性が息を吹き返す。

 

夢を作ろうとしているクリエイターたちのパワーはすごいものがあって。

そのパワーが結集しているメトロポリスの活力には、いつも心動かされる。

 

たとえコロナ時代にあっても、そこは創造力でみなぎってる。

新型コロナウィルスでさえ、創造力まで封じ込めることはできないらしい。

 

むしろ制限が加えられるほど、創造性の穴から新たなアイディアが湧き出すものだ。

地中から吹き上がる間欠泉のように。

子宮口をくぐって生まれ出る赤子のように。

 

無遠慮に生きろ - Be As You Are -

創ること、表現すること、人に夢を見せること。

魔法のようにクリエイティブなメトロポリス

 

トーキョーは、日常のこと一切を忘れさせてくれた。

仕事も、SNSも、常識も、義理も、遠慮も、何もかも忘却の彼方。

 

1日のコロナ感染者が千人を超えた東京にいながら、夢のような年末年始を過ごした。

そこで出会った素敵なモノ、素敵なヒトたちのことは、いずれ書いていこう。

 

2021年の目標は「遠慮」という言葉を自分の辞書からなくすこと^^

本年も等身大のヒデキマツバラをよろしく!

 

 

◾️ヒデキマツバラ音源作品◾️

短編映像テーマ曲として全編オーケストラで書き下ろした「GLORY」🎻


GLORY -栄光の奇跡- ヒデキマツバラ by Hideki Matsubara

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️

「生きることは愛だ❣️」最高潮に盛り上がった「クロノスコープ」


CHRONOSCOPE ヒデキマツバラ by Hideki Matsubara

 

◾️ヒデキマツバラ音源作品◾️

物語性と実験性に富んだ野心的大作「ノア」💥


NOA ヒデキマツバラ by Hideki Matsubara