ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ目線でサウンドクリエイターの日常に潜む笑い、癒し、気づき、魔法をつづったキャットウォーク・エッセイ

ポーカー女史の失態(後編) - Mrs. Pokerface Went Wrong (Pt.2) -

f:id:hidekimatsubara:20210608073541j:plain

 

こちらが微笑むと、相手も鏡のように微笑んでくれる。

この惑星は、笑顔で回っているから。

 

前編からの続きです。

 

 

ポーカー女史が笑った! - Behind Her Pokerface -

30分後、つつがなくMさんの体験レッスンを終えました。

持参した教材の中に、世代を問わないクラシック名曲集の簡易楽譜を忍ばせていたのは、もっけの幸いでした。

 

さて、その日のレッスンを全て終えた後のことです。

受付に顔を出した僕は、思わず自分の目を疑いました。 

 

ポーカー女史が笑ってる!

照れ笑いをしながら、眉を八の字にしかめていましたが、笑顔には違いありません。

 

ポーカー女史は僕に対して頭を下げると、開口一番、謝罪を口にしました。

マツバラ先生、すみません、私とんでもない間違いをしてしまいました。

私も最初、Mさまがお見えになられた時、訳がわかりませんで。。。

体験ご予約のお電話をいただいた際、お電話口のMさまはとても低い声で、話し方も落ち着いておられたので、てっきりご年齢が上のお方だとばかり。。。

Mさまを教室へご案内した時、先生に私の勘違いをお伝えしなくちゃと思ったんですけど、Mさまがいらっしゃる前で相手のお歳の話をするのは憚(はばか)られまして。。。

 

僕も、周囲のスタッフたちも、笑いに笑ったこと。

それにつられて、ポーカー女史の表情も和らぎます。

 

ポーカー女史の告白 - Her Favorite Thing -

それからのひと時、どれほどポーカー女史とのおしゃべりを楽しんだことでしょう。

今までの冷え切った関係の分まで補うかのように、話は尽きませんでした。

 

やがてポーカー女史は、意外なことを打ち明けました。

実はピアノが大好きなこと。

子供の頃、10年ほど習っていたこと。

ショパンを弾ける段階まで行ったこと。

 

「それはすごいですね。中学生でショパンが弾けるなんて、たいしたものです」

僕の褒め言葉に微笑み返したポーカー女史は、思いもよらなかったことを口にしました。

 

私の習っていたピアノ講師はとても厳しくて。

あれがマツバラ先生だったらよかったのにって思います。

そしたら笑顔で優しく教えてもらえて、私も大好きなピアノを辞めずに済んだのに。

 

真実の目 - Innocent Eyes -

あぁ、なんてことだ!

僕はよろめきました。

 

僕のような先生にピアノを教えて欲しかった!?

じゃあ、じゃあ、もしかして。

 

そう、ポーカー女史には、最初から僕の真意が伝わっていたのです。

無愛想ながらも、ポーカー女史には僕の笑顔が届いていたのです。

 

なのに僕ときたら、そんな彼女のポーカーフェイスを、自分に対する「断固たる拒絶」とさえ思い込んできました。

でも本当は違いました。

問題なのは、彼女の顔つきや態度ではなく、僕自身の心の目の濁(にご)りだったのです。

 

おそらく彼女がポーカーフェイスを貫くのには、彼女なりの理由があったのでしょう。

もしかすると、ポーカー女史は親から「目上の人に対してヘラヘラ笑いかけるものじゃありませんよ」と躾(しつ)けられて育ったのかもしれません。

 

そんな彼女にうがった見方をして、まるで仕返しのように心を閉ざしてきたとは。

僕は自分の浅はかさを悔いました。

 

夢見るポーカー女史 - May Your Dreams Come True -

最後にひとつ、僕から質問を投げかけました。

「もしも、またピアノが弾けるとしたら、どんな曲が弾きたいですか?」

 

予期せぬ問いかけに、ポーカー女史の表情には新たな光が宿ります。

「そうですねぇ」

ポーカー女史は夢見るように答えました。

 

クレイダーマンの曲が弾けたらいいなって思います。

いつか教室でどなたか生徒さんが弾かれてるのが聞こえてきて。

すごく懐かしくて、いい曲だなぁって。

 

そう語るポーカー女史の、美しく輝いた笑顔ときたら別人のよう。

 

そして次に喜ぶのは、僕の番でした。

「僕7才の時、パリの宮殿コンサートでクレイダーマンに花束を渡したことあるんです!」

 

今時クレイダーマンの話題を共有できる人物が、こんな身近にいたなんて!

しかもそれが、自分の一番苦手としていたポーカー女史だとは! 

 

またひとり、心から話のできる友ができた。

その夜、勝利の歓喜を胸に、僕が帰路に着いたのは、言うまでもありません。

  

ポーカー女史、大好きなピアノを再開できる日が来るといいですね。 

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
幼な恋をテーマにしたエンゲージ/ウェディングソング💒
ピーター・ラビットを生み出した作家の半生を描いた映画「ミス・ポター」にインスパイアされて作りました🐇

 

野バラの下で ヒデキマツバラ by Hideki Matsubara 

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
80年代フレンチポップのトランスカバー🕺
大人気だった美美の環ミュージカル『続・甘茶姫』からの一幕です👘

ヒデキマツバラ Voyage Voyage (Mike Koglin Remix) by Hideki Matsubara 美美の環ミュージカル『続・甘茶姫』 - YouTube

 

◾️ヒデキマツバラの猫道Channel◾️

  

友だち追加

最新イベント情報やお得なクーポンを配信してます。
是非友だち登録してくださいね😊