ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ視点の少し風変わりな猫道(キャットウォーク)ブログ

1月22日の花道 〜小春日和の命日〜 - Third Anniversary -

f:id:hidekimatsubara:20220125220605j:plain

 

1月22 日。

例年、涙を流したような冷たい霧雨に見舞われます。

 

ところが、今年は違いました。

朝から穏やかな快晴が広がります。

大寒とは思えない小春日和。

 

ようやく天国で楽になれたのかな。

そんな気がした、母の命日。

 

ピアノレッスンへの移動前に、空き時間が30分ありました。

遺影の前で、母好みのピアノ曲を奏でます。

 

母が晩年、心酔していたサン=サーンス「白鳥」

弾き始めたら、家中に何かがみなぎるのを感じました。

 

いきなり、手近の包装紙がカサコソと音を立てて、大きく上下に揺れ始めます。

それはまるで、チアガールが頭上で大きく両手を振るようなウェーブ。

エアコンの風に煽(あお)られているようには見えるけれど。

きっと母からの合図。

 

命日には、故人との距離が縮まるのだと言います。

この日は終日、家の中が不思議な気配に満ちていました。

自室にいると、書棚の向こうからチリンと1回だけベルの音。

触わってないのに、ベッドの上に重ねた洋服ハンガーがカチャカチャ触れ合う音。

 

そういえば、生前、母がよく言っていたことがあります。

先立った父に関して「今どうして欲しがっているか、何となくわかるのよ」と。

「お墓参りに来て欲しい」とか「父が遺したものを点検しなさい」とか。

母がその通りにすると、そこで思いがけない発見があるのです。

 

僕も、天国の母がどうして欲しいのか、何となくわかります。

ピアノを奏でて欲しいとか、家中の明かりをずっと灯して欲しいとか。

テレパシーのように伝わってくるのではなく、不思議とそうしたい衝動に駆られるのです。

 

この世の人でなくなっても、五感を超えたところで、ずっと繋がっているんだ。

そう実感しながら迎えた三回忌の花道。

 

いろいろな方々からお供えをいただきました。

好美さん、寿恵さん、真由美さん、エセニヤさん、そしてSAMさん、どうもありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。

 

ちなみにこのブログ記事、上記までの文章を5〜6度は書き直しましたが、不思議と必ず777文字に収まってしまいます。

 

f:id:hidekimatsubara:20220125221629j:plain

f:id:hidekimatsubara:20220125221646j:plain

f:id:hidekimatsubara:20220125221715j:plain

f:id:hidekimatsubara:20220125221730j:plain

f:id:hidekimatsubara:20220125221746j:plain

 

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
三回忌を迎えた母に贈る、母の愛した賛美歌『フィンランディア』共演動画✨

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
マイケル・ジャクソンのカバーをディスコ調にアレンジした『今夜はブギーナイト』🕺

 

◾️イチ押しソングbyヒデキマツバラ◾️
世界一澄みきったブルーに染まる爽快トランス🏖