ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ視点の少し風変わりな猫道(キャットウォーク)ブログ

怪獣になったミニ嬢ちゃん 〜愛猫の認知症〜 - Mini Monster in My House -

ミニ嬢ちゃんはお人形さんが大好き

 

愛猫ミニは18歳。

人間の年齢で言えば、90歳のおばあちゃん。

 

それでも、どこか「お嬢ちゃん」って呼ばずにいられない愛らしさがあって。

今でも「ミニ嬢ちゃん」って呼びかけているのです。

 

◼︎関連記事◼︎

 

 

怪獣になったミニ嬢ちゃん

以前は病気ひとつしなかったミニも、寄る年波には逆らえず。

昨年の夏に体を崩して以来、毎日点滴が欠かせず、2週間おきの通院生活が続いてます。

 

昨年の暮れからは、さらに気がかりなことが。

こんな可愛いミニ嬢ちゃんが、怪獣になったのです!

 

ギャオン、ギャオン、ギャオォォォーーーー〜ン!!!

それはそれはもう、生死を分けるようなものすごい雄叫びで、数分間ほど叫び続けます。

 

少なくとも1時間に1度は、怪獣に豹変してしまうようになったミニ。

夜となく昼となく、見境がありません。

 

その都度、僕はミニの元に駆けつけ、抱っこして胸の中であやします。

すると、あら不思議、抱いた途端にピタリと鳴き止むのです。

 

ミニが怪獣になったのは、ちょうど実兄チロと黒猫マックが相次いで亡くなった直後でした。

急にひとりぼっちになって、ミニは淋しがっているのかもしれません。

 

何しろ、我が家はほんの2年前まで、僕+母+ネコ5匹=7人の大家族暮らし。

亡き母は、片目が不自由なミニのことをとりわけ可愛がりましたし、ニャンコたちはみんな大の仲良しでしたから。

 

ミニ、もしかしてあの頃の日々を想いながら、鳴いてるのかな。

そう思うと、ミニが不憫でならず、極力スキンシップをとっては抱きしめました。

 

検査結果は良好なのに

点滴の甲斐あって、ミニは2ヶ月ごとの血液検査で、腎臓の数値がグングン好転していき、ついには正常値の範囲内へ。

獣医さんからお褒めの言葉もいただきました。

「高齢ネコでこの値は優秀です。よくケアされていますね」

 

ミニの雄叫びのことを相談してみましたが、獣医さんは首をひねるばかり。

ミニときたら、診察の時に限って、借りて来た猫のようにおとなしくなって、獣医さんに擦り寄るものですから。

この子が家では怪獣と化すなんて、誰が想像できるでしょう。

 

ひと月もふた月も家の中に怪獣がいると、こちらとしてはたまったものではありません。

あまりの騒々しさに、頭痛がしてくるレベルです。。。

 

レッスン中だろうが、深夜だろうが、怪獣はお構いなし。

疲れ切ってる時にあの耳をつんざく雄叫びが始まったら、こちらはもう発狂寸前!

 

検査結果は良好なのに。。。

体力の限り、全身で叫び上げるミニ。

一体、何がミニを怪獣にさせているのでしょう?

 

ミニ嬢ちゃんの認知障害

ある日、ミニの反応が鈍いことに気づきました。

本来、狩猟本能を持つネコは、気配を察知する能力の鋭い動物。

でも、ミニは僕が近づいてもいっても、よそを向いたまま。

 

「ミ〜ニちゅわ〜ん♪」

いつものように呼びかけてみても、反応がありません。

僕がミニの体に触れたりミニの視界に入れば、そこでハッとミニは驚いて、僕の存在を認識するというありさま。

 

ミニ、もしかして、認知機能とか聴覚が衰えてる?

だとしたら、馴染みある生活環境を認識できず、不安に駆られたあまり怪獣と化すのも頷けます。

獣医さんに確認したところ、そういう可能性もあるかもしれません、との見解でした。

 

一旦衰えた認知機能は元に戻りません。

怪獣になる原因が、認知機能の老化にあるのだとしたら、もう手の施しようがありません。

僕はこのまま、雄叫びをあげ続ける怪獣と共存するほか道がないのでしょうか?

 

こうしてミニ怪獣に悩まされて数ヶ月後。

突如、ミニが怪獣になってしまった理由が明らかになったのです。

(続く)

 

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
ジャズスタンダードの名曲『フィーバー』をエレクトロハウスでカバー🔥

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
モーツァルトに扮して奏でているのはバッハの神曲『アリオーソ』😇

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
晩夏の海をイメージしたオリジナルソング『アフロディーテ』🐚