ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ視点の少し風変わりな猫道(キャットウォーク)ブログ

ツインピークスの女性シンガー、ジュリー・クルーズを悼んで - Julee Cruise: The Voice of Twin Peaks -

 

この週末、アメリカの女性シンガー、ジュリー・クルーズ(65)の死去が報じられました。

90年代に世界中で話題をさらったアメリカのサイコサスペンスドラマ「ツイン・ピークス」のテーマ曲を歌ったことで知られてます。

「天使の歌声」と形容されるアーティストでした。

 

ツイン・ピークス」テーマ曲を歌うジュリー・クルーズ

 

40年に及ぶ音楽活動の中では、アメリカのバンド B-52's のツアーメンバーとして活動していた時期もありました。

が、ツインピークス抜きに彼女の話題がクローズアップされる機会はほとんどなかったように思います。

 

エレクトロミュージック好きな僕が彼女の歌声に巡り会えたきっかけは、イギリスのユニット、ハイブリッドのデビューアルバム「ワイド・アングル」(1999年作品)でした。

音楽的にものすごく影響を受けたアルバムで、いまだに僕の愛聴盤です。

 

そのアルバムのボーカル作品すべてに客演していたのが、ジュリー・クルーズでした。

彼女の死去が報じられて以来、ヘビロテで聴かずにいられない毎日です。

彼女の死について引っかかっていることがあって、なおのこと彼女の歌声から離れられません。

 

ジュリー・クルーズの死去を報じた音楽情報サイト

上記サイトでも報じられている通り、その死因は明らかにされていません。

が、4年前には難病の全身性エリテマトーデスで闘病したことを公表していたようです。

 

引っかかったのが、遺族による次のコメント。

「彼女は自分の意思でこの世を去りました。後悔はありません。彼女は安らかな眠りにつきました」

 

アメリカでは、安楽死が認可されている州もありますが。

そういうことなのでしょうか。。。

 

先述のアルバム「ワイド・アングル」で彼女がソングライティングした歌が5曲あります。

今にしてその歌詞を読み解いていくほど、これまで感じられなかった深いものを意識するようになりました。

 

そうやって楽曲に込められた核心部分に触れられた感動とスリル。

それを感じつつも他方では、闘病の果てに自ら死を選んだ彼女の苦悩に想いを馳せる。

今晩も「ワイド・アングル」を聴きながら、そんな夜を過ごすことになりそうです。

 

音楽の中を泳ぐ歌声のように、彼女の魂に自由と安らぎがもたらされますように。

ご冥福をお祈りします。

 

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
最愛の母の死から立ち直るきっかけを歌にした『クラウドレス』🌈

 

◾️美美の環スタジオ関連動画◾️
僕の愛弟子ラベニアくんの初ボカロ曲『ドール』聴いてやってください😃

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
ピアノでオカリナ奏者Terako先生とコラボした「花の歌(byランゲ)」💐