ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ目線でサウンドクリエイターの日常に潜む笑い、癒し、気づき、魔法をつづったキャットウォーク・エッセイ

糧になる言葉

ひとり残された時に初めて気づく本物の幸せ 〜もう会えない家族〜 - Family Affair -

全国的に雨・雨・雨続きですね☔️ ここ広島市街地も、連日よく降ってます。 大雨特別警報も発令され、山際や低地に住む方々は避難されてる模様。 くれぐれもお気をつけくださいね。 今年のお盆参り 当たり前だった幸福 「ただいま」と帰って行ける場所 今年の…

レッスン最長記録‼️1日8時間もレッスン受講したオンライン生 - 8 Hours 480 Minutes 28800 Seconds -

新しい出会い、新しい土地、新しい経験。 下ろしたての服を着るように、心浮き立つ出来事が続いた7月。 昨日も思いがけない1日でした。 LINE公式アカウントから配信している記事内でも触れた通り。 九州在住のオンラインレッスン生が、1日8時間も僕のレ…

ポーカー女史の失態(後編) - Mrs. Pokerface Went Wrong (Pt.2) -

こちらが微笑むと、相手も鏡のように微笑んでくれる。 この惑星は、笑顔で回っているから。 前編からの続きです。 ポーカー女史が笑った! - Behind Her Pokerface - ポーカー女史の告白 - Her Favorite Thing - 真実の目 - Innocent Eyes - 夢見るポーカー…

自分自身を信じる勇気をくれたマドンナの名言 - Live To Tell The Secret I Have Learned -

大学で講義した時期のマドンナ 本記事のサブタイトルは、マドンナの名バラード『Live To Tell』からの一節です。 Live to tell the secret I have learned(これまで学んできた秘密を打ち明けるために生きてゆく) カリスマの原点 儒教思想の落とし穴 暗黒時…

大寒の虹 - At The Coldest Night -

母が亡くなって1年経ちました。 奇しくも1年前と同じく、命日から3日間に渡って雨が降り続きました。 母の不在を惜しむかのように、 ホームメイドの聖域 - Homemade Sanctuary - 大寒の夜 - The Coldest Night - ラストステージ - The Last Show - 雨上が…

新型コロナよ、ありがとう 〜真の教師からの学び〜 - Be A Student, Not A Victim -

昇りかけた大きな大きな満月が、雪雲から現れては、再び身を隠しています。 まるで動く油絵のように見事な光景! ずっとこのまま見つめ続けていたいな。 さて、今日で2020年最後のブログ更新になりました。 1年間のご愛読に感謝して、読み応えある長編エッ…

12月のアサガオ(後編) 〜ただそこにいてくれるだけで幸せだった〜 - Morning Glory in December (Part2) -

ミュージカル『Letters From Santa/サンタからの手紙』(2012年公演) で妖精役を演じた母 前回記事からの続きです。 役立たず - Good For Nothing - 癒しと罰則 - Healing & Punishment - 大きすぎる一歩 - Giant Steps - 季節外れのアサガオ - Morning Glor…

新バンドへ加入することになりました! - Let The Music Play! -

またもや、青天の霹靂! この秋、結成されたばかりの新バンドに加入することになりました! もう嬉しくて仕方ない(^ω^) ピアノ演奏にしても、ダンスミュージック制作にしても、全て自己完結でソロ活動してきた僕が、生まれて初めてのバンド活動に燃えてます…

ダニー・ミノーグの色気に潜むインテリジェンス 〜自己嫌悪から抜け出せないあなたへの伝言〜 - HI-IQ of Dannii Minogue -

大スキャンダルの渦中にいたダニー・ミノーグ。 世間から猛バッシングの末、音楽シーンへの復帰が絶望視される中で産み落とされたのが「All I Wanna Do」 この楽曲によって、ダニーに吹き付けていた嵐のような向かい風が、一気に追い風へと転じました。 彼女…

灼熱の極寒地獄から抜け出せ! - Freezing Inferno -

炎天下38℃ 冷凍スーパー ブラックアウト ポジティブ入道雲 ストレスがなくなるコツ 炎天下38℃ 午後の昼下がり。 一番暑い時間帯でした。 お盆休暇の初日は、父のお墓参りへ行こう。 そう決めていました。 いつもは出発前に準備しておく供花。 でも、できるだ…

ファッションデザイナーになりませんか? - Why don't you design fashion? -

生まれた時から緑色が大好きな僕です^^ 人生、何が起きるかわからないもの。 こんなすごい話が降ってわいてくるなんて、誰が想像できただろう。 前回からの続きです。 hidekimatsubara.hatenablog.com オファー - OFFER - アグリー - AGREE - プラン - PLAN …

クリエイターの資質と勇気 〜NEVEREVERBAD/飛英〜 - Brave to Create -

各地で大雨が猛威を振るってますね。 ここ広島市内でもよく降ったこと。 沿岸部や山沿いで浸水や土砂災害の避難指示が出された週明けは、レッスン中ひっきりなしにスマホの緊急アラートが鳴りまくりでした。 でも降り止まない雨はない! 久しぶりに太陽が顔…

孤独な負け犬たちの聖地 〜オリジナルソング「Blue Manhattan」制作秘話〜 - Sanctuary for Broken Dreams -

ヒデキマツバラLIVE「Made in Sanctuary」より イエローキャブ、摩天楼、JFK ━━世界の中心地ニューヨークの象徴 僕の人生で第二の故郷とも言える街、ニューヨーク。 そこを舞台にして、映画の一幕のようにドラマティックな歌を作ろう。 そうして誕生したのが…

ボーカルレコーディングの完成度を左右する人間力 〜こもれびの歌声を録る〜 - Just Like Brothers in Arms -

梅雨空の合間にのぞいた爽やかな青空。 すっきりヘアカットしてきました。 数千枚のCDコレクションをバックに このCDコレクションのうち、ボーカル作品の99.9%を占めているのが女性ボーカル。 はい、女性の歌声が大好きなんです! 一方、男性ボーカルものは…

僕を本気にさせた男 - I Believe in The Power of Creation -

水無月 制作漬け 麗しい声の男 仮縫い 爆発したクリエイター魂 和弥という人間の縮図 僕なりのリスペクト 水無月 梅雨入りして、湿度も室温も高い朝。 換気が済んだ窓を閉め、エアコンのスイッチを入れたら、インセンスに着火。 パウンディングサーフのお香…

流れ落ちた星屑たち 〜黄金の山(Part2)〜 - Falling Stars -

少年時代の日を宿した黄金山 (おうごんざん) そこへ再び登ることになったのは、この2月。 母を亡くしてまだ日の浅い立春だった。 前回からの続きです。hidekimatsubara.hatenablog.com 芯まで温まる食べ物 星屑の絨毯 芯まで温まる食べ物 「これからドライ…

人生最後のレッスン 〜新曲「GODSPEED」に寄せて〜 - THE LESSON -

先日はカクテルパーティーGODSPEEDご来場ありがとうございました! それと前回ブログで公開した新曲歌詞、読者の方々からさまざまな反響が寄せられました。 hidekimatsubara.hatenablog.com 新曲「GODSPEED」は春風のようなトランスサウンドに乗せたメッセー…

翼がほしいあなたに捧げる新曲「GODSPEED」 - You're My Masterpiece -

かけがえないあなたへ この歌を、あなたに贈ります 自分の可能性に自信が持てない人たちへ 挑戦を怖れて踏み出せないでいる人たちへ この歌を、あなたに捧げます 思い出してごらん かけがえのないあなた自身が存在することを あなたのかけがえなさは、何者に…

母が愛した平和大通り - The Road Toward Peace -

平和大通り。 平和公園を中心点に、広島市街を一直線に横断する、全長4キロ、幅100メートルの大通りだ。 車道と並行して、両側には並木道の遊歩道が続く。 母が愛した、光と緑の道である。 破壊と復興 追憶と未来の狭間 平和大通り讃歌 涙から生まれた四季 …

罪と罰の先にあった杖 - A Golden Cane Beyond Crime and Punishment -

母の死以後、クリスチャンでもない仏教徒の僕が、毎週欠かさず教会通いを始めた。 クリスチャンである母の愛用していた聖書と賛美歌集を携えて。 もし母が生きて元気でいたら、必ず教会に通っていたはずだから。 今日は、葛藤の1月から天啓の2月へ至るまで…

いざという時、あなたはどうなってしまうのか? - LOST & FOUND -

先日はカクテルパーティーSPELLBOUNDへのご来場ありがとうございました! ご覧の通り、母の席も用意して、新曲「SPELLBOUND」を聞かせてあげました。 答えの出ない疑問 ついに発見したもの 喜怒哀楽のパワー 答えの出ない疑問 いざっていう時、自分はどうな…

2020 〜日没と凪〜 - The Beginning of The End -

元気だった頃の母が作ってくれたおせち料理 あけましておめでとうございます。 2020年もよろしくお願い致します。 早々にお年賀をいただきまして、どうもありがとうございました。 今年も母が病の床に伏しているため、新年のご挨拶はご遠慮させていただきま…

こんな1年だったからこそ 〜究極の学び〜 - WHAT THE HELL!!! WHAT A YEAR!!! -

クリスマス前、クリスチャンの母に届いたカードと重厚なツリーオーナメント。 教会員の林さま、いつもあたたかいお心遣い有難うございます! さて、2019年もついに最後の日を迎えました。 ダイハードな1年でした! 母の病気も、スタジオ運営も、自分が全責…

人の心に捧げる鈴の音 〜オリジナル曲「Ring The Bell」に寄せて (Part2) 〜 - The Success in Your Life -

ヒデキマツバラLIVE「FALL IN LOVE - Part1 Lost Love」より 前回記事でオリジナル曲「Ring The Bell」をご紹介しました。 hidekimatsubara.hatenablog.com 今日はこの歌を作った経緯から書いていきましょう。 ヒーローたち 鈴を鳴らすことの意味 彼らに鈴の…

にほんブログ村から卒業しました。〜御礼と新人ブロガーの皆さんへメッセージ〜 - Write down what you are -

事後報告になりますが、昨日11月末日をもって、にほんブログ村を卒業しました。 ランキング裏舞台 1000分の740、730分の730 ノーモア 1億分の1 出航 書き残す理由 ランキング裏舞台 まずブログランキングについて、簡単にご説明させて頂きま…

人は何のために闘い、何のために玉座を目指すのか? 〜オリジナル曲「チェックメイト!」に寄せて〜

勝負しなければならない時がある。 その相手は他の誰でもない。 自分自身だ。 その勝負に挑んで勝利した者を、人々は「偉人」と呼ぶ。 偉人たちは挑んだ。 うまくいくかどうか保証がないことに対して。 偉人たちは歩を進めた。 背水の陣を敷いて。 自分が「…

風になれ 〜結果を出すための必須条件〜 - The Road to Yourself -

猛暑が落ち着いて以来、週の半分ほど自主トレに励んでいる。 日の出前、まだ静まり返った街をあとにして。 そばの河原をめぐり、近くの山に登る。 朝陽に色づき始める市街地を一望のもと。 朝一番の空気を吸い込んで体を動かすこと、1時間あまり。 そんな1…

いつもご愛読ありがとう!ハロウィンコンサートチケットの焼き上がり具合を見てやってください^^

じゃ〜ん! こちら、中世の星座占い盤ではありません。 よぉ〜く見てください。 先週末から発売したハロウィンコンサートのチケットなのです^^ フライヤーと違って、チケットは文字と柄で遊んでみました。 「わっ!面白いデザイン!」 ご購入者の方々からご…

新曲「SENSE of WONDER」テーマは<堕ちる上昇感>と<完璧な愛のカタチ> 〜Parfait Amour (Perfect Love)〜

カクテルパーティー SENSE of WONDER の日が近づいてきた! 発注してたお酒が続々と届いてる^^ 昨夜は買い出しに出かけ、パーティーで出すタパス(お酒に合う小皿料理)の食材を調達。 そして帰宅後、いよいよ新曲「SENSE of WONDER」制作がスタートしたのだ…

名作映画「ラスト・エンペラー」から届いたメッセージ - Just Live For Today -

遅い夕食。 独り、フォークにパスタを絡める。 関わる人たち、関わるシーン、めくるめくその日も暮れなずんでゆく。 静かすぎて、誰か、何か、存在感のあるものが欲しかった。 リモコンに手を伸ばす。 何気なくつけたBS。 そこで目にしたものが、映画「ラス…