ヒデキマツバラの猫道Blog

愛猫家ミュージシャン、ヒデキマツバラの猫道(キャットウォーク)ブログ

ネコの投薬に苦労してませんか? 〜合言葉は「おくすりポン」〜 - Through Hard Times & Good Times -

片目のミニのことを誰よりも愛したのは亡き母でした ネコに投薬するの、ひと苦労ですよね^^; 今日の記事がご参考なれば幸いです^^ ちなみに、これまでの記事を読まれて心配の声が寄せられました。 「ヒデくんちのネコちゃん、そんなことになってたなんて...…

お手柄ミニちゃん、獣医さんを納得させる 〜愛猫ミニと関節ネズミ〜 - Definitive Action by Cat -

前足ポーズが可愛いミニちゃん 抱っこしながらの自撮りって難しいなぁ^^; 老猫を飼っていると、思いがけない病気に次々と見舞われるものです。 まだ若いニャンコの飼い主さん方にも、将来的に何か参考にしていただけるといいなぁ。 そんなことを思いながら、…

怪獣になったミニ嬢ちゃん 〜愛猫の認知症〜 - Mini Monster in My House -

ミニ嬢ちゃんはお人形さんが大好き 愛猫ミニは18歳。 人間の年齢で言えば、90歳のおばあちゃん。 それでも、どこか「お嬢ちゃん」って呼ばずにいられない愛らしさがあって。 今でも「ミニ嬢ちゃん」って呼びかけているのです。 ◼︎関連記事◼︎ 怪獣になったミ…

天王星食を伴った442年ぶりの皆既月食を図式化したらものすごいことになったよ^^; - The Longest Blog That I've Ever Written!!!!! -

東の空に昇ってきたお月様。まるで夜空に描いた幻想的な油絵✨ 昨夜の皆既月食、ご覧になりましたか? 宇宙マニアといたしましては、暮れゆく空から満月が昇ってきた時点でソワソワ^^ 18〜22時という時間帯もタイムリーでしたね。 何度もベランダに出ては、世…

エルヴィスやマドンナも愛したジャズスタンダード『Fever』 - Star Quality - 〜ペギー・リーのスター性〜

FEVERをスタンダードナンバーにした立役者、ペギー・リー 前回記事に続き、不朽のジャズスタンダード曲『フィーバー』を特集します。 これまで数々のスーパースター達がカバーしてきたFEVER。 いずれも大人の色香漂う、成熟したワインのごとき名作です。 今…

ジャズスタンダードの名曲『Fever』全歌詞を訳してみました - What A Lovely Way to Burn -

Happy Halloween Live 2019にてFEVERをパフォーム(Photo by Mish Vampiro) ハロウィンFEVER FEVERを歌い尽くせ 男性視点で訳したFEVER 女性視点で訳したFEVER ハロウィンFEVER 今夜はハロウィンナイト 妖精伝説の発祥の地でもあるアイルランドの大晦日にあ…

愛猫ミニとの帰り道 - Ain't No Big Deal -

膝の上のミニ^^ 老齢にさしかかった愛猫ミニ(18)が、体調を崩してから16ヶ月め。 今日もスキンシップがてら、僕の膝の上で点滴タイムです^^ 安心しているのでしょう。 針をプスっと刺すと、この通り。 スクッと座って、じっと良い子にしてます。 幸せの証 真…

10代の天才音楽家コンビとの出会い - Super Talented Teenagers -

芸術の秋してますか?^^ まずは新着動画からご紹介していきます。 モーツァルトに扮して奏でているのは、バッハの神曲『アリオーソ』 美美の環ミュージカル『名曲物語〜クリスマス夜話〜』(原作・脚本/松原リディア美江) からのワンシーンです。 本日は、芸…

旅立つように今日を生きよう - Blue Planet Needs You to Discover - 〜旅人は音楽家であり、音楽家は旅人である(Part4)〜

物事のとらえ方を少し変えたら、ありふれた日常も特別な旅に! 旅立つように、今日という日を生きよう。 もう昨日をなぞるのはやめにして。 僕らがこの青い惑星に存在している理由。 安定した生活と、老後の保障を得るため? 物事が思い通りになるほど快感な…

地図のない旅 - Destination Unknown - 〜旅人は音楽家であり、音楽家は旅人である(Part3)〜

地図が出来上がるのは、キミが足跡を残した後のこと。 この世で、いちばん大きな旅がある。 僕らは、それを「人生」って呼んでる。 人生の地図に、正規ルートなんてない。 時に迷い、しくじり、不協和音が轟(とどろ)く。 でも、大丈夫。 目的地へ到達するの…

旅人の血筋 - Arrival & Departure - 〜旅人は音楽家であり、音楽家は旅人である(Part2)〜 

LAX(ロサンゼルス国際空港)から50秒間隔で離着陸する同時間帯の航空機の合成画像 旅人にタンバリンを持たせてごらん。 軽快なリズムを刻み始めるから。 旅人にペンをもたせてごらん。 風変わりな詞を書き始めるから。 旅人とは「今」だけを生きている人種…

旅人は音楽家であり、音楽家は旅人である(Part1) - Symphonic Journey -

荷造りを終えたスーツケース片手に。 自分を待ち受ける、おろしたての日々。 あなたの旅は、イントロを奏で始める。 バス停で、駅で、空港で、港で。 日常とは異なる風の中。 あなたの旅は、メロディーを歌い始める。 機内で、車内で、船内で。 車窓からあふ…

人生を癒しへ導く 〜無視された感情からの警告を読み解こう〜 - Heal Your Emotions -

羊雲の空はすっかり秋色。 明日から例年のごとく、秋雨前線がしばらく停滞するようです。 これから暑さが和らいでいくと、夏の疲れが出やすい時期。 メンタルにも秋風が吹き始める頃です。 今日は予定を変更しまして、ヒーリングセラピストとしてLINE公式に…

旅人だけが知っている秘密 - The Secret of Forever Young -

海風に、おはよう! 目覚めの熱海で迎えた朝陽 旅に出ると、気づかされる。 日々どの瞬間も、真新しいことに。 日常という名のサバイバル生活 旅が特別な理由 旅人だけが知っている秘密 日常という名のサバイバル生活 日常生活の中、僕らは大人を演じる。 仕…

旅行中ピアノ練習できないのに帰宅したら上達しているナゾ - Better After Traveling -

孤高のクラシックピアノ 永久に6合目どまり ピアノ弾きの帰郷 進化したシシリエンヌ 旅するピアノ弾き 8/1にバースデーを迎えました。 お祝いメッセージや、真心こもったギフトの数々、どうもありがとうございました! この夏は思い切って仕事をお休みして…

十代の恋は開栓したてのソーダ水 〜オリジナルソング『Rainy Boy, Sunshine Girl』制作秘話(後編)〜 - Tastes Like Teen Spirit -

十代の恋は、まるで栓を開けたばかりのソーダ水。 シュワっと弾けたら、気の抜けないうちにゴクリと味わい尽くす。 オリジナルソング「レイニーボーイ・サンシャインガール」制作秘話、続編です。 キラキラな君 ゆらゆらな僕 シュワシュワ炭酸ポップ すべて…

レイニーボーイの反乱 〜オリジナルソング『Rainy Boy, Sunshine Girl』制作秘話〜 - Revolt Against Songwriter -

まさか完成間近になって、歌の中の主人公が僕に反乱をおこすなんて! オリジナルソング「レイニーボーイ・サンシャインガール」制作秘話、前回の続きです。 スキューバダイバー級の雨男 絵になる最強イケメンDK サンシャインガールをめぐる三角関係 埋まらな…

恋するアクアボーイたち - Aquaboys in Love -

昨日からの雨量が120ミリを超えました。 ここまでずっと降り続けるなんて、この近辺では珍しいこと。 なんて思ってるうち、午後からパーっと腫れ上がり、夕方は日没の美しかったこと。 空も泣いたり笑ったりしてるんですね。 さて、ここ2週間のうちに、ブロ…

失敗した時こそ人の価値が分かる 〜安倍首相の勇気から学んだ生き様〜 - Failure Man -

今週早々ヘアサロンに行き、ずっと長いこと金髪だった頭を黒髪に戻しました。 日本国民のひとりとして、弔意を表すために。 あれから早1週間たちますね。 失敗から返り咲いた男、安倍晋三元首相。 そんな安倍さんから学んだ勇気について、書いていこうと思…

大空が号泣した日 〜安倍首相に捧げるレクイエム〜 - How Careless We Were -

急遽、ライブ動画を公開しました。 モーツァルトのレクイエム より『涙の日 (ラクリモサ)』です。 安倍晋三元首相の尊い御霊に捧げます。 朝の空模様 息苦しい午後 号泣した空 嵐の夕暮れ 朝の空模様 2022年7月8日(金) 朝 洗濯。 空模様が優れない。 天気…

花開く銀河をイメージした新曲『Born to Bloom』完成しました😃 - Blooming Galaxy -

たった2週間で梅雨が明けちゃった! と思ったら、降ったり晴れたり、猫の目のような空模様ですねぇ。 お久しぶりの僕は、とてもゴキゲンです^^ 2コ前のブログ記事で述べてた新曲が、ついに完成しました!\(^0^)/バンザーイ 壮大な夢 The Dancer 花咲く銀河 …

胸打たれたデヴィッド・リンチ監督の哀悼メッセージ 〜沈黙で綴るラストメッセージ(ジュリー・クルーズ追悼特集 Pt.3)〜 - Silent Words to Heaven -

若かりし頃のリンチ監督とジュリー ジュリー・クルーズ追悼特集3回目は、鬼才デヴィッド・リンチ監督を取り上げます。 代表作「エレファント・マン」で名高い映画監督です。 20曲ものギフト いばりんぼう兄貴 沈黙で綴ったラストメッセージ 20曲ものギフト …

プログレッシブハウス女子いるもんなんですねぇ🎧 - Ms. Progressive -

毎週水曜日は、美美の環スタジオの定休日。 そこで今日は終日、スタジオにこもりっきりで、サウンドプロデュース業に精を出してました。 エセニヤさんからの依頼で、4曲目となる新曲を春先から手がけてるんです。 今回はダンサブルなトランスもので、7月頭…

【プログレハウス】Hybrid feat. Julee Cruise - If I Survive 〜幼女と妖女の歌声(ジュリー・クルーズ追悼特集Part2)〜 - If She Survives -

ジュリー・クルーズのボーカルは独特です。 罪のないロリータめいた舌足らずな声の奥に、セイレーンのごとく人を惑わし、誘惑へと駆り立てる情念が宿る。 そんな異界のムードを感じさせます。 前回記事に続き、ジュリー・クルーズ追悼特集です。 もし私が生…

ツインピークスの女性シンガー、ジュリー・クルーズを悼んで - Julee Cruise: The Voice of Twin Peaks -

この週末、アメリカの女性シンガー、ジュリー・クルーズ(65)の死去が報じられました。 90年代に世界中で話題をさらったアメリカのサイコサスペンスドラマ「ツイン・ピークス」のテーマ曲を歌ったことで知られてます。 「天使の歌声」と形容されるアーティス…

若きラベニアくんのお悩み 〜ドタバタ師弟日記〜 - Master & Disciple -

ゲーテの小説「若きウェルテルの悩み」をもじった本日のタイトル^^ 教え子ラベニアくんの宣伝強化月間として、今日は彼の人となりに迫ります(笑) 猪突猛進 ラベニアくんの命名者 目指せ!ワールドデビュー ホンジュラスへの返信 つくづく男子とは恋に悩む生…

アンティークドールを主人公にした歌 〜色褪せない作品を創る秘訣〜 - Romanticism Doll -

前回記事で、教え子ラベニアくんの初オリジナル曲『ドール』を取り上げたところ、たくさんの方に聴いていただきました。 ご視聴どうもありがとうございます! ラベニアくんも感激してました^^ 今日は『ドール』の中身について、少しご紹介していきたいなと思…

楽曲制作クラス2年目の教え子がボカロコンテストにエントリーしました🎧 - Top of The Highest Mountain -

t Mountain YouTubeデビューしたラベニアくん 音楽未経験者が有利な点 偉大な生徒は、偉大な教師を育てる ゲージュツ家のこだわり それでもまだ終わらない YouTubeデビューしたラベニアくん 近年、レッスンのお問い合わせ傾向として、作曲コンテスト出場を目…

亡くなった愛猫たちに捧げたホームパーティー(後編) 〜別れを糧にできるとしたら自分に何ができるだろう〜 - Welcoming Home At Christmas -

僕のデスクチェアでスヤスヤ眠る、在りし日の黒猫マック もしも、別れを糧にできるとしたら、自分には何ができるだろう? 最愛の母を亡くした時も、そんな風に考えていました。 涙にかき暮れ、悲しみに溺れる時間は必要です。 でも大事なものたちとの別れを…

亡くなった愛猫たちに捧げたホームパーティー(前編) 〜悲しみをパワーに変えよう〜 - Welcoming Home At Christmas -

昨年暮れに相次いで亡くなったチロ(17)とマック(6) 大切な家族であり、自分の息子のようだった愛猫たち。 前回記事に書いた通り、この5月連休にお骨を土に還してあげました。 悲しみをパワーに変えよう チロ&マックと楽しむウェルカムドリンク チロ&マッ…