ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ視点の少し風変わりな猫道(キャットウォーク)ブログ

㊗️100本目にして初の実写リリック動画『Tokyo』[Anjunabeats] 〜近未来都市へのバーチャル旅行〜 - Virtual Journey to Metropolis -

 

動画100本目になってましたね。おめでとうございます。
──モナくん好きのL

モナくん好きのLさん、嬉しいコメントありがとうございました!

そうなんです。

動画チャンネル開設以来、マイペースに更新してきて9年目。

ついに100本を達成しました!

 

それがコチラ『Tokyo』

イギリスのトランス系レーベルAnjunabeatsからリリースされた3Lau(ブラウ)というアーティストのプログレハウス楽曲に、僕が映像をつけたものになります。

 

 

この高速かつスローな映像と共に、眠らない大都市の1日をストーリー仕立てに追った『Tokyo』は、自分にとって特別な作品です。

というのもリリック動画(=歌詞付き動画)を作るようになってこの1年、これまで1本のグラフィック映像だったりアニメーションをループさせながら制作してきました。

が『Tokyo』はリアルな実写映像を19本も組み合わせて作った、初めての本格的な動画なのです。

 

そこで動画からのキャプチャー画像で構成したバーチャル・ジャーニーへご招待しましょう。

ようこそ、近未来都市トーキョーへ!

 

朝陽が射し込む東京スカイツリー

 

東京タワー周辺も朝の通勤ラッシュ

 

青空とスカイラインにおはよう!

 

湧き上がる雲が目指すのは東京湾

一路トーキョーへ!

GO!

 

湾岸を駆け抜けるアーバントレイン

実際この路線に乗ったんですが、近未来感にウットリ!

車体やプラットホームのデザインといい、車窓を流れる湾岸高層マンション群と東京湾の対比といい、まるでSFの未来世界を旅してる気分でした。

 

お目当の駅に到着して

 

ムービングウォークを抜けたら

 

渋谷のど真ん中!

 

おなじみの渋谷スクランブル交差点は、外国人が日本で最も驚嘆する場だとか。

四方八方から人の波が押し寄せるのに、なぜ互いにぶつからず歩けるんだ!?って。

 

日本人の僕らからしたら見慣れた企業名や店舗名も、欧米人にはものすごく異国情緒を掻き立てられるようで。

ひらがな/カタカナ/漢字と3種類もの文字を駆使するのは、世界で日本人だけですもんね^^

 

テールライトの車列を背景に、スマホをスワイプ

 

暮れなずむスカイツリーと、帰宅を急ぐ車列

 

この街も時刻が移り変われば

   ↓

都市のスケール感を大きく見せるため、歌詞表記は過去最小サイズに。

 

朝のタワーと比較してみるのもまた一興

 

ライトアップされたレインボーブリッジ

 

使用した映像19本は、半年前からコツコツ地道に集めた50本から厳選したもの。

夕暮れ〜夜シーンで良い映像が多かったんですが、スピード感、スケール感、楽曲の雰囲気に合うものを選び抜いて50分の19に。

 

トーキョーへのバーチャル・ジャーニーもいよいよクライマックス

今作で最速スピードの首都高シーン

ラストシーン:グッナイ、トーキョー

ネタバレすると、動画でご覧いただくと分かる通り、満月の左下で次々と地上に降りていく光点があります。

それは離着陸する航空機なんですが、羽田空港ならこんな内陸でなく海に面してるはずじゃないの?と気づいたあなたは偉い!

そう、このシーンは東京ではなく、タイのバンコクなのでした^^

 

他にもよぉ〜く見れば、東京ではない映像がいくつも(笑)

ソウルとか東南アジアだったり。

そんな視点で動画を見返してみれば、さらに面白い発見があるかもしれません^^

 

 

多感な十代の頃、MTVで洋楽ビデオクリップに夢中だった僕に、1つの淡い夢が

育まれました。

「いつか1本でもいいから本格的なミュージックビデオ制作現場に関わることができたらいいなぁ」

 

その夢が、よもや今頃になって自分の手で実現できるとは!

まさに「三つ子の魂、百まで」ですね。

 

『Tokyo』では制作中から心踊り、叫びたいほど幸せだったのは言うまでもありません。

完成作を妹の家の超大型テレビで見た時の感激ときたら!

皆さんにもこのバーチャル・ジャーニーを楽しんでいただければ嬉しいです。

 

ところで動画100本達成と相前後して、この猫道ブログが昨秋で500本を突破しました♪

今後も動画チャンネル共々ご贔屓に^^

 

ブログランキングに参加中です。サポートありがとうございます。