ヒデキマツバラの猫道Blog

サウンドクリエイターの日常に潜む笑い、癒し、気づき、そして魔法をつづったドラネコ風エッセイ

聖域製ライブ 〜ライブ活動を続ける理由〜

f:id:hidekimatsubara:20180531230435j:plain

 
 
4年ぶりのソロライブもいよいよ目前!
寝食を忘れて制作に邁進する日々が続いてます。
 
徹夜明けのまま、終日、舞台稽古に臨むことがざらで、
先日は72時間のうち仮眠できたのが5時間きりだったり。。。
ってことは平均睡眠時間2時間もないじゃないですか!
学生時代ならいざ知らず、いまだそんな無茶がきくこの肉体に、我ながら感動してしまいました(笑)
 
クリエイティブなパワーに突き動かされてる時の人間って、かくもタフになれるものですね!
休まなくても、ずっとエンジンかかりっぱなしでいけてしまいます。
 
ステージ終わった直後がいつもそうなんですよ。
本番もう1回いけます!ってくらいエネルギーの塊^^
 

聖域から生まれた音楽

メイド・イン・サンクチュアリ(聖域で制作されたもの)と題した今度のライブ。
前回ライブ以来、この4年間に作りためた新曲オンリーで挑みます。
 
作った時は全然意図してなかったんですけど、選曲してみると
古今東西の聖域/楽園/遺跡/都市/廃墟など特定の土地を舞台にした曲ばかりでした。
 
古代ペルシア帝国の廃都ペルセポリス
シルクロードのオアシス、月牙泉
鳥葬によって死者を弔うチベット
鏡面の楽園世界ウユニ塩湖
恋に落ちたカリブ海
世界の中心、NYマンハッタン〜JFK空港へ続くハイウェイ
内戦の続くシリア
夕立のサバンナ
などなど
 
時代も国もバラバラなのに、それぞれに言い知れぬ懐かしさだったり精神的なつながりを感じるんです。
2014年以降に手がけた作品世界には、なぜか無意識のうちにそういう感覚が色濃く反映されました。
この中だと、マンハッタン、ペルセポリス、シリアは、かつて過去世でそこに生きていた感触さえ覚えるほど。
 
そんなわけで、自分にとって聖なる魂の地に想いを馳せた楽曲で構成したライブを「メイド・イン・サンクチュアリ」と名付けたんです。
僕のパワースポットを集めた舞台と言えるでしょう^^
 
 

エンターテイナー

今回も弾いて歌って踊って演じて、
エンターテイメント色を前面に打ち出します!
 
照明と音響は、国内外の超一流アーティストを手がけられてる強力なスタッフが固めてくださいます。
照明演出が入ると、僕の音楽が生命力を宿して鼓動するのが肌身で感じられます。
シンセ/打ち込み系なので、なおのこと電気つながりで相性がいいんでしょうね^^
 
僕自身、光を一身に浴びてる時が一番自由になれるんです。
アーティストによっては歌やパフォーマンスに集中できなくなる方もいらっしゃるらしいですが、
僕はむしろ光によって自分の中の潜在的な力が引き出されるのを感じます。
 
それは全細胞が目覚めて、翼を与えられた心地。
まるで光の洗礼を受けてるような神々しさ。
光も意識的生命体の一種に違いありません。
光と共演すると、すごく自由に動けるんです。
 
寄せては返す波のように。
昇っては沈む太陽や月のように。
 
刻々と変容していく自分を受け止めてくれる世界唯一の場所、それが舞台。
 
そこで僕が目指すものは、夢とエンターテイメントの融合!
 
 

ストーリーテラー

もうひとつ、僕がライブで大事にしてるものがあります。
それはストーリー。

一本の映画を見ているようなライブにしたいんです。
光と影、静と動、自己と他己、愛とエゴ、葛藤を伴う二元性を投影しながら。

 
僕が舞台で体現するのは、様々なストーリーを伴った主人公たちの声なき生き様。
決して完結した物語とか答えではありません。
ほんの問いかけであったり、キーワード、あるいは断片的なビジョン。
 
それが照明や舞台演出の力を借りて客席に届く時、
オーディエンスそれぞれの胸になんらかのストーリーが喚起されてくる。
そんな舞台を目指してます。
 

舞台があなたの心や記憶へとアクセスし、そこで継ぎ合わされて化合された時、

あなたの内側にどんなストーリーが生じ、あなたは何を感じるのか。

 

喜びなのか。

悲しみなのか。

怒りなのか。

慰めなのか。

癒しなのか。

 

それは、その時のあなた次第。

それは、一生に一度、その時のあなただけの真実。

 

その瞬間、あなたの口元から笑みがこぼれるのか。

その瞬間、あなたの頬を涙がつたうのか。

その瞬間、あなたの胸は息苦しさで締めつけられるのか。

 

それは僕にもわかりません。

その瞬間が来るまで、あなた自身でさえわからないでしょう。

 

その瞬間が来たら、あなたは自分の内なる魂が発する声に初めて気づきます。

あなたがひたすら守り抜き、封印し続けてきた声なき声を耳にすることでしょう。

 
 それがストーリーテラーとして、僕が究極に目指しているところです。
 
 

天命

目に見えるエンターテイメント性と、目に見えないストーリー性。
それはあなたの内界と外界、過去と未来、真実と偽り、栄光と敗北感をつなぐ鍵です。
 
ヒデキマツバラが楽曲制作やライブ活動を続ける真の目的は、そこにあるのかもしれません。
21世紀の地球に生き、僕が全うすべき天命があるとしたらそこにあるのでしょう。
 
一生に一度のライブ「メイド・イン・サンクチュアリ
では会場でお会いしましょう。
 
 

ブログランキングに参加しています。
当ブログを応援してみようと思われる方は、下の【ミュージシャン】ボタンを押して下さい。
1日1回投票することができます。 サポートありがとうございます。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

 

 

ヒデキマツバラ LIVE "MADE IN SANCTUARY" 

/ミュージックハウス美美の環 presents 芸術祭

f:id:hidekimatsubara:20180417220954j:plain

f:id:hidekimatsubara:20180417221043j:plain

チケットのお申し込み、ご購入は
http://miminowa.com/ticket.html

【公演日】 2018年6月3日(日) 
【日程】14:00〜開場 / 14:30〜芸術祭 / 15:30〜ライブ
【会場】 エソール広島ホール(広島県広島市中区富士見町11-6)
【チケット】本日発売/ 4000円(芸術祭+ライブ共通入場券)
【プレイガイド】miminowa.com、 エソール広島フロント、美美の環スタジオ
【主催】 Music House 美美の環、HAPPY SUNDAYS
【後援】広島市広島市教育委員会広島市文化財団、中国新聞
【協賛】エソール広島、瀬戸内シーライン
【お問い合わせ】082-240-1253、info@miminowa.com 

 

 

ヒデキマツバラ出演作 

ミュージカル「名曲物語」DVD/Blu-ray 発売中

ミュージカル「名曲物語 〜クリスマス夜話〜」DVD - CATWALK RECORDS - Yahoo!ショッピング

store.shopping.yahoo.co.jp

ミュージカル「名曲物語 〜クリスマス夜話〜」ブルーレイ - CATWALK RECORDS - Yahoo!ショッピング

store.shopping.yahoo.co.jp