ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ目線でサウンドクリエイターの日常に潜む笑い、癒し、気づき、魔法をつづったキャットウォーク・エッセイ

幻のバースデー 〜松原リディア美江を偲ぶ会 Heaven Scent〜 - Unexpected Day -

f:id:hidekimatsubara:20200520184128j:plain

世界に一枚きりの Heaven Scent プログラム

 

4回にわたり綴ってきた4/19イベント「Heven Scent -天香-」

今日は本編の模様を書いて、完結としましょう。

 

 Part1 テーブルセッティング

 

Part2 タイスの瞑想曲①

 

 Part3 タイスの瞑想曲②

  

 

バースデーソング

f:id:hidekimatsubara:20200520194843j:plain

 

14時00分

テーブルセッティングが整い、キャンドルに火を灯しました。

いよいよ Heaven Scent スタートです。

 

まずは、ハッピーバースデーを2度ばかり弾き歌い。 

それで思い出しました。

おととし、最後に僕の誕生日を祝ってくれた時のこと。

「そろそろお祝いしましょう」

とお呼びがかかって夕食のテーブルに着くなり、母がハッピーバースデーをピアノで弾き歌いしてくれたことを。

 

母と二人暮らしになってからも、我が家では互いの誕生日を祝う際、最初はハッピーバースデーを歌い合うのがお約束でした。

大人になって親相手にひとりで歌うのは気恥ずかしいもの。

だから周りに集ってきた猫たちを抱きながら歌うことで、気恥ずかしさをごまかしたり。

 

そんなことを思い出しつつ、この日は声高らかに歌ってあげました、

 

タイス

続いては5週間稽古してきた「タイスの瞑想曲」を演奏。

もちろんグランドピアノの蓋は全開放して、譜面台も取り外します。

 

f:id:hidekimatsubara:20200520185006j:plain

 

イントロを弾いているうち、早くもハタハタと涙があふれ出します。

そうなると真珠のネックレスをプツンと切ったかのように、数珠つなぎで涙がこぼれます。

ポロポロ ポロポロ。

 

鍵盤も指先も、目に映るものは皆、歪んで滲みます。

それでもとめどなくこぼれる涙のまま、最後まで弾ききりました。

 

育児日記

演奏を終えた僕はテーブルにつき、フルーツタルトをひとつ頬張ります。

BGMに流したのは、母の最初で最後のCD作品「Breeze in Florida」

僕が録音、ミックスダウン、シンセサイザー、そしてジャケットデザインで参加した一枚。

 

f:id:hidekimatsubara:20200520200333j:plain

松原リディア美江/Breeze in Florida 〜フロリダの風〜(2003年作品)

 

母の優しいピアノの音色がレッスン室を満たすと、僕は一冊のノートを手に取りました。

それは幾日か前、母の引き出しの底から偶然出てきた育児記録ノート。

それを読みながら母を偲ぶことにしたのです。

 

例えば、僕が1才7ヶ月のある日は、こんな具合です。

この頃ヒデキは1から10までの数を、なんとなく数えるみたいです。

「ひとつ、ふたつ、みっつ」と私が数え始めると、すぐ次の数を口にします。

どういうわけか「五つ」が言えなくて、「四つ」からすぐ「むっち(六つ)」に飛びます。

それから「なーつ、やっち、ここの」ときて、最後に元気よく「とー!」

 

色あせたノートに残る母の肉筆。

書き手はもうこの世を去っていても、まるでそばで語っているかのよう。

 

「親の手書きのものが残っているなんていいなぁ」

父を亡くした友人がそうつぶやいてました。

 

思いがけない贈り物

母の音楽と日記に浸っているうち、午後3時を回りました。

ピンポーン。

ピンポーン。

郵便屋さんに宅配便業者が、入れ替わり立ち替わり訪れます。

 

なんでしょう?

宛名はどれも松原リディア美江先生。

そう、母に思いがけない贈り物が届いたのです。

 

コンスタンツェ桂子さんからは、おしゃれなショコラの詰め合わせ。

ヘーゼルナッツやピスタチオなど、5種のコーティングチョコにほっぺが落ちます。

f:id:hidekimatsubara:20200520184604j:plain

 

エセニヤさんからは、大輪のバラで彩られたフラワーアレンジメント。

「大好きな美江先生へ」とメッセージが添えられ、真心と愛情が伝わってきます。

f:id:hidekimatsubara:20200520182558j:plain

 

SAMさんからは、素敵なキャンドルにフルーツビネガー3種。

 

f:id:hidekimatsubara:20200520182756j:plain

さらに同封されていたのが、SAMさんお手製の、この日のプログラム。

無観客イベントにしたこともあって、よもや手にできるとは思ってもみませんでした

世界に1枚しかない幻のお宝です。

f:id:hidekimatsubara:20200520183825j:plain

 

夕暮れの花

僕一人ひっそりと会を進めていたところに届いたこれらの贈り物。

皆さんコロナ自粛の中、師である母のために何かしたくて動いてくださったんだな。

その気持ちがとても嬉しくて、すぐにお礼の電話を入れました。

 

こうして会の後半は、思いがけず彼女たちと一緒に母を偲ぶことに。

3人と代わる代わるおしゃべりに花を咲かせながら、気づけば夜7時前。

最初に灯したテーブルキャンドルもそろそろ消える頃です。

 

母が生きていれば75回目だった誕生日。

天にいる母との繋がり、そして地上のどこかにいる皆さんとの繋がりを堪能できた、思いがけない1日になりました。

f:id:hidekimatsubara:20200520185320j:plain

 

■今月のライブ動画■

母のピアノと共演したポール・モーリア作品です。


【ポール・モーリア】涙のトッカータ / Paul Mauriat - Toccata / ミュージックハウス美美の環