ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ目線でサウンドクリエイターの日常に潜む笑い、癒し、気づき、魔法をつづったキャットウォーク・エッセイ

美味しく若返る🍓苺とローズマリーの野菜スムージー - Keep Young and Beautiful -

f:id:hidekimatsubara:20200523174143j:plain

 

陽射しとそよ風の5月。

大好きな5月。

 

今日はヒデくん特製スムージーのレシピをご紹介しましょう。

お手軽に果物と野菜を摂ることができて、なおかつ若返る!という魔法のスムージーです。

 

 

材料(一人分)

・凍らせたイチゴ・・・2〜3個

・リンゴ・・・4分の1個分

・小松菜(ほうれん草でもOK)・・・2〜3枚

・ニンジン・・・スライスしたもの

・レモン果汁・・・8分の1個分

・はちみつ・・・むにゅむにゅ〜っと適量で^^(大さじ1〜2くらいかな)

ローズマリーの葉・・・7〜8センチ程度ひと枝分

・水・・・150ml(ロンググラス半分の量)

 

レシピ

・小松菜(またはほうれん草)は水で洗って、ざく切りに。

・リンゴは4分の1にカットして、ざく切りに。

・ニンジンはスライサーを使ってカット。10往復分でOK。

・レモンは8分の1にカットして絞る。

ローズマリーは枝から葉を取って。

・以上のものと、冷凍イチゴ、はちみつ、水をミキサーに投入すれば完成。

 

f:id:hidekimatsubara:20200523192725j:plain

ヒデくん特製 イチゴとローズマリーの野菜スムージー

 

ポイント

レモン+はちみつで見た目まで若返る!

「どうしてそんなにお肌キレイなの!?」

美容に敏感な女子の方々から、たびたび訊かれる質問。

 

僕に限らずマツバラ家の面々は、実年齢よりはるかに若く見られます。

それはレモンとハチミツのコンビネーションのおかげ。

それぞれに抗酸化力を持った両者が合体することで、すごく効き目があるのです。

 

母がはちみつレモンを作ってくれるようになったのは、僕が8才で患った花粉症対策がきっかけでした。

以来、家族みんな、朝一番に母の作るはちみつレモンを飲んできました。

実家から離れて一人暮らしの大学時代も、毎朝はちみつレモンを欠かしたことはありません。

 

近年では、はちみつレモンに果物や野菜をミックスしたスムージーを、母が毎朝作ってくれていたものです。

スムージーにすることではちみつレモンを摂りつつ、毎朝いろんな具材を使った多種多様なフレーバーが楽しめますね。

 

リンゴは赤くて蜜たっぷりのものをチョイス!

意外なことに、出来上がったスムージーを飲むと、分量の割にリンゴの味は脇役に回っていることに気づきます。

でも、侮るなかれ!

味の決め手となるものこそ、リンゴなのです。

 

マンション住人の方からおすそ分けで、実家の青森から送ってきたというリンゴをいただきました。

もう包丁を入れる時からして、しなやかさが違います。

これをスムージーにしたところ、う、う、うまい!!!

 

選ぶリンゴによって、仕上がりの味が全然違ってきます。

街中のスーパーでこれほどのリンゴに巡り会える幸運はなかなかありませんが、真っ赤に熟れたリンゴをチョイスしてくださいね。

 

イチゴは凍らせた方が絶対おいしい!

なぜか格段にスムージーの甘みが増します。

逆に常温のイチゴを使うと、ぼやけた味になってしまいます。

不思議だなぁ、なぜだろう?

 

と思っていたら先日、Eテレ番組「グレーテルのかまど」でその話題が出てきました。

フルーツを冷凍すると、果実の組織が壊れて、果汁がじわっと出てくるのだとか。

なるほど、納得。 

 

ただしミキサーに負担がかかるので、冷凍イチゴはあらかじめフラッシュ機能で砕いてくださいね。

 

レモンは切る前にゴロゴロ転がそう!

以前CSのフードチャンネルで、イギリス人料理家ジェイミー・オリバーがよくアドバイスしてました。

これもやはり果物の組織が壊れるから、果汁が出やすくなる、というわけです。

 

レモンを手のひらで押さえつけながらゴロゴロ前後に転がせば、見違えるくらい果汁たっぷり。

ゴロゴロ転がした分、あなたの体も潤いますよ^^

 

おいしい水を見つけよう!

おいしい水で作らないと、おいしいスムージーは作れません。

せめて浄水器の水で、できればミネラルウォーターで作りたいところ。

 

僕が愛飲しているのは、サントリーの「奥大山(おくだいせん)の天然水」

生まれも育ちも広島なので、中国山地のお水が合います。

柔らかい軟水で、甘やかな口当たりや喉越しが心地良い。

 

寝たきりだった母も、おいしいねと言ってよく口にしてくれました。

我が家のネコ達も、これで育ててます。

 

ハーブで別格の味わいを引き出すのがヒデくん流!

ハーブを使うと、味や香りが劇的にスタイリッシュになります。

ハーブがフルーツの味を引き立て、さらに野菜特有の苦味や臭みまで消してくれるんですね。

 

ハーブを混ぜることで、もう一つ嬉しいことが起きます。

それはスムージを口にする瞬間、舌で味を感じるよりほんの一瞬先に、ハーブの香りを鼻で感じること。

まるでハーブの精から挨拶されたみたいで、朝から爽快な気分になれます。

 

今日ご紹介したのはイチゴとローズマリーの組み合わせですが、その時々の果物によってスイートバジルやミント系など試して、お好みのコンビネーションを見つけてくださいね。

 

作りたてをいただこう!

時間の経ったスムージーは、連絡を絶った恋人同士のようなもの。

水分と食材が分離して、サヨナラしてしまいます。

ミキサーから注いだら、できたての旬をいただきましょう。

 

最後に

こうして普段から手作りしていると、舌の感覚が研ぎ澄まされ、味覚が豊かになっていきます。

 

と同時に、市販のジュースや清涼飲料に対して、ますます違和感を覚えるように^^;

人工甘味料と保存料を摂り続けていたら、体が老化するのも当たり前ですね。

 

若返りに必要なのは、高価な美容品でも、エステ通いでもありません。

若返り商法に投資しても、それに見合った配当が返ってくることはまずないのです。

 

毎朝「レモン」と「純粋なはちみつ」を「キレイなお水」と一緒に摂りましょう! 

香り立つフレッシュな果実と野菜を、自分の体に与えてあげましょう。

体は正直ですから、生命力豊かなものを取り入れれば、細胞単位で若返っていきます。

 

あなたに健全な幸福感をもたらしてくれるものは二つ。

大地から生まれたものと、それを使って手作りすることです。

 

 

■今月のライブ動画■

母のピアノと共演したポール・モーリア作品です。


【ポール・モーリア】涙のトッカータ / Paul Mauriat - Toccata / ミュージックハウス美美の環