ヒデキマツバラの猫道Blog

愛猫家ミュージシャン、ヒデキマツバラの猫道(キャットウォーク)ブログ

ヒデキマツバラChannel 人気動画トップ5 - Best 5 Songs of My YouTube Channel -

f:id:hidekimatsubara:20210603230822j:plain

 

僕にとって一番の武器は、ダイバーシティー(=多様)な音楽性。

楽曲ごとに、カメレオンのように音楽の方向性を変化させていきます。

ダンスフロアサウンド、ジャズ路線、クラシカル系、和テイスト、オリエンタル風etc

 

そんな僕の音楽をサポートしてくれる人たちにも、同じ傾向が見られるんですよね。

いろんな国から、多様なフォロワーがサポートしてくれているのが伝わってきます。

 

さて、今日でいよいよヒデくんチャンネル人気動画上位5曲の発表です。

誰も予想し得なかった結果になってますよ(笑)

 

その前に、6位〜10位はこちら

 

上記記事で、月間アクセス(=直近28日間の総アクセス)回数が、過去最高の3500回を超えたと書きました。

その後、この週末でさらにアクセスが激増して大幅に記録を塗り替え、今日時点での月間アクセス回数が3700回に達しました!

そして歴代総合9位だったはずの「天使のセレナーデ」が、わずか3日のうちに歴代総合7位へジャンプアップしてしまうという珍事まで!

 

 ますます波に乗るヒデくんチャンネル。

その中から、最も支持を集めた楽曲5作品がこちら!

 

【第5位】Aquadot


 

ソングライターとして転機になった代表作「アクアドット」

「ヒデキさんの作る楽曲はどれも、すごくメロディーが覚えやすくて、強く印象に残る」と言われる所以となった作品です^^

 

これを作詞している最中、生まれて初めての体験をしました。

作り手である僕の意思を離れて、主人公アクアボーイが詞の中で勝手に動き始めたんです!

 

アクアボーイはその後も、次々と新しいラブストーリーを引き寄せてくれました。

こうして連作へと発展したのが

「マドラス・チェック」(歴代総合13位)

「ホリーベリー」(24位)

「サウンド・オブ・レイン」(37位)

 

さらに「アクアボーイ」シリーズは、サイドストーリーへと派生していき

「バック・トゥ・ラブ」(8位)

「ソー・ソーリー」(29位)

「コンティネンタル・ブレックファスト」(31位)

「クロスカット」(動画未公開)

「レイニーボーイ・サンシャインガール」(動画未公開)

と、合計9曲もの楽曲が誕生することになりました。

 

9曲いずれも、主人公アクアボーイのモデルになったのは実在の人物でして、かつて「チョキチョキ」「BIDAN」等のメンズヘアスタイル誌で活躍されてた人気モデルさんたちを1人1曲ずつイメージしながら作りました。

具体名を挙げると、現在俳優として活躍されてる千葉雄大さんや北村諒さん、Ocean Tokyo代表の三科光平さんら。

いずれ「アクアボーイ」シリーズについては、改めて記事にしていきたいです。

 

【第4位】Now We Are Free

 

4位に入ったのは、アカデミー賞を獲得した映画「グラディエーター」テーマ曲のカバー。

原曲はハンス・ジマーが手がけ、リサ・ジェラルドが歌った名作です。だけあって、世界中から幅広いリスナーを集めました。

 

この動画は公開当初から人気で、世界中から幅広いリスナーを集めました。

以来、数年間に渡って、歴代人気動画ナンバーワンの人気を誇っていたほど。

 

楽曲は2部構成でサウンドプロデュースしました。

前半は原曲のサントラ通りにオーケストラと民族サウンドで、そして後半はトランスサウンドへと大化けします。

 

振付はオリエンタルな民族風ダンスを施しました。

中東〜インドの映画や音楽ビデオを何百回も繰り返し見ながら、念入りにリサーチして振り付けたんですよ。

 

この1曲だけのために、サウンドプロデュース、振付、衣装、いずれも凝りに凝った力の入れよう。

それだけ僕が若かった証拠なのかな(笑)

 

【第3位】 Ligaya

 

フェリー・コーステンによるトランス名盤を、ヒデくん流にリミックス。

伝説的な美麗トランスだけあって、世界中のトランスファンから大人気です。

 

この動画を公開してから7ヶ月、いまだデイリーランキングで連日2位に食い込む常連曲。

先日、ついにアクセスが1000回を突破しました!

 

亡き母が生前、自分が天に召されたらお葬式でこの曲をかけてほしい、と言っていたものです。

詳しくは、こちらの記事でも触れてます。

 

【第2位】恋はみずいろ



ポール・モーリアの代表曲を、モダンな美麗エレクトリックサウンドでカバーしました。

母が企画したポール・モーリア追悼コンサートで披露したもの。

 

数ある僕の公開動画の中で、初めてアクセス1000回を突破した記念作です。

3年前の公開以来、デイリーランキングでトップ5を誇る人気曲。

それだけポール・モーリアの作品が、現代でも多くの人々に愛されているんですね。

 

ちなみにポール・モーリアのカバー動画は、先述の「天使のセレナーデ」(7位)に加え

「そよ風のメヌエット」(14位)

「涙のトッカータ」(16位)

があります。

まだ未公開のものが色々あるので、今後にご期待ください^^

 

【第1位】Chicane feat. Justin Suissa - Live 2000 in London


ヒデくんチャンネルで圧倒的人気を誇るのがこちら。

UKのバレアリックトランス系アーティスト、シケインの2000年ロンドン公演です。

 

「いいね」の数、なんと400以上!

アクセス回数が1万回を突破してしまった大人気動画です。

 

このライブ音源なら、何人かアップしている海外ユーチューバーがいます。

けど、ライブ動画を公開してるのは世界でただひとり、僕だけなのです!

そんな稀少性が人気の理由なのでしょう。

 

話題にも事欠かず

シケインの最初期ライブであること

・トランスディーヴァ、ジャスティン・スイッサの初ステージであること

という点でも、マニアックなファンから注目を集めてます。

 

これから梅雨明け後のサマーシーズンにぴったりのサウンド

シケインに関して、まだ当ブログ内で触れたことはありませんが、書きたいことは色々ありまして、今後にご期待を!

 

以上、2回にわたってお届けしましたヒデキマツバラChannel歴代人気動画トップ10。

いつもサポートありがとうございます! 

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
幼な恋をテーマにしたエンゲージ/ウェディングソング💒
ピーター・ラビットを生み出した作家の半生を描いた映画「ミス・ポター」にインスパイアされて作りました🐇

 

野バラの下で ヒデキマツバラ by Hideki Matsubara 

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
80年代フレンチポップのトランスカバー🕺
大人気だった美美の環ミュージカル『続・甘茶姫』からの一幕です👘

ヒデキマツバラ Voyage Voyage (Mike Koglin Remix) by Hideki Matsubara 美美の環ミュージカル『続・甘茶姫』 - YouTube

 

◾️ヒデキマツバラの猫道Channel◾️

  

友だち追加

最新イベント情報やお得なクーポンを配信してます。
是非友だち登録してくださいね😊