ヒデキマツバラの猫道Blog

音楽/創作活動のかたわら発見した気づき、笑い、癒し、そして魔法をつづったドラネコ風エッセイ

木星のモスバーガー

f:id:hidekimatsubara:20171101041358j:plain

出典/dreamstime.com

 

旅先の木星で、無性にモスバーガーが食べたくなりました。

そこで木星ホテルのコックさんに掛け合ってみました。

 

ところがコックさんは生粋の木星人。

ハンバーガーはもちろん、パンとかハンバーグという食べ物自体、見たことも聞いたこともありません。

そこで出来上がりの完成画像を見せました。

 

「ふむふむ、どうやらケイ素化合物に液体金属水素を混入し、メタンをまぶせばいいようですな」

コックさんの話を聞いてるだけで、頭痛がしそうです。

僕のお腹を化学実験室にされてはたまりません。

 

そこで地球から持参したなけなしの水とともに、小麦粉にイースト菌を提供しました。

ミンチ肉や卵も惜しげなく差し出しました。

 

ところが肝心の材料は揃ったのに、状況は膠着したまま。

パンというものは、どうやったらふっくら焼き上がるのでしょうか?

ハンバーグというものは、どうやったらハンバーグらしい味になるのでしょか?

火加減、焼き時間、そんなことさえ僕には説明のしようがありません。

 

f:id:hidekimatsubara:20171101041955j:plain

出典/dreamstime.com

 

木星のコックさんもプロの意地、理解できないなりに料理に取り掛かります。

最初の試作品は、てんで話になりませんでした。

二度目で、どうにか見た目は地球らしいものに。

そして三度目の正直、食べ物っぽく仕上がりました。

 

ところが、その味はモスバーガーどころか、ハンバーガーと呼べる代物には遠く及びません。

でもそれで妥協するよりほか、どうしようもないではありませんか。

 

相手の労をねぎらってお礼を申し述べ、お会計に入ります。

「おくらですか?」

「はい、300万円でございます。」

あぁ、ハンバーガーもどきに、こんな大金はたく羽目になるなんて。。。

 

それで固く決心したのです。

どんなに不器用でも、手間隙かかろうと、自分でやるに越したことはない、と。

 

f:id:hidekimatsubara:20171101041742j:plain

出典/dreamstime.com

 

 

本日はおとぎ話タッチでお送りしましたドラネコブログ。

公言したら角が立ってしまう事を書く際、おとぎ話ほど最適なフォームはありません。

あなたも腹に据えかねている出来事があったら、創作物に転嫁していってはいかがでしょう?

ガリバー旅行記」を執筆したスウィフトみたいに、後世に残る名作が誕生するかもしれませんよ。

今まで1度しかモスバーガーを食べたことのない僕ですら、こんな小噺が書けたのですから(笑)

 

 

ブログランキングに参加しています。
当ブログを応援したい!という方は、下の【ミュージシャン】ボタンを押して下さい。
1日1回投票することができます。 応援ありがとうございます。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村