ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ目線でサウンドクリエイターの日常に潜む笑い、癒し、気づき、魔法をつづったキャットウォーク・エッセイ

神話の花園にて 〜ミュージカルテーマ曲「バラの谷エンナ」制作秘話(Part1)〜 - Secret Garden in Your Heart -

f:id:hidekimatsubara:20201025230056j:plain

 

今日は、亡き母と共作したミュージカルテーマ曲「バラの谷エンナ」について書いていきます。

ミュージカル公演「ギリシア神話デメテルとペルセポネ〜」 のテーマ曲です。 

 

 

心に広がる楽園 


バラの谷エンナ(ミュージカル「ギリシア神話 〜デメテルとペルセポネ〜」より)ミュージックハウス美美の環/松原リディア美江/ヒデキマツバラ

バラの谷エンナ

バラの谷 エンナ 美しいエンナ

小鳥のさえずり 森を包み

甘い花の 香り放ち 妖精を誘う

 

陽だまりの羊は 夢うつつまどろむ

喜びと祈りを胸に

 

西風のメロディ 木洩れ陽のレース

泉のつぶやき 遠く近くこだまして

優しく地球(ほし)に語りかけている

 

誰も皆 心に楽園が広がる

そう 愛という名の恵み

 

花は枯れてゆき 土に還るけど

(その種は 息づいて)

巡りくる季節 告げる光

(やがて)

雪溶けの予感に

明日の蕾が膨らむ

 

時は地球(ほし)の想い 刻みながら

永遠に神話 紡いでゆく

バラの谷 エンナ 美しいエンナ

 

作詞/松原リディア美江、ヒデキマツバラ

作曲・編曲/ヒデキマツバラ

 

デメテルとペルセポネ

まず物語のあらすじから、ざっとご紹介しましょう。

 

女神デメテルは豊穣の女神。

彼女のおかげで地上は一年中、花が咲き乱れ、穀物が豊かに実っていました。

 

そんな女神デメテルには一人娘のペルセポネがいました。

ところがペルセポネを花嫁にしようと、罠を仕掛けたのが冥界の王ハデス。

ひときわ美しい水仙の花をペルセポネが摘もうとしたところ、大地が裂け、彼女は冥界へ誘拐されてしまいました。

 

そんなことはつゆ知らず、行方不明になった娘を探すため、女神デメテルは血眼になって世界中を駆け巡ります。

ところが真実を知った女神は、ショックのあまり引きこもってしまいました。

 

豊穣の女神がその役目を果たさなくなったことで、地上はすっかり荒れ果ててしまいます。

種は芽吹かず、花は枯れ、穀物は実りません。

飢饉が襲い、人々は次々と飢え死にしました。

 

最高神ゼウスは事の成り行きを憂慮し、事態の収拾を図ります。

こうしてペルセポネは1年のうち半分ほど、地上世界で過ごせるようになりました。

 

最愛の娘が戻ってくると、女神デメテルの喜びは地上に春をもたらしました。

そして娘が冥界に帰ってしまうと、女神デメテルの悲しみが地上を冬に変えてしまうのでした。

 

エンナの由来

このストーリーをミュージカル化して脚本とプロデュースを手がけたのが僕の母でした。

丸一年もの歳月を費やして、制作と稽古に臨んだ舞台。

 

僕はアレクサンドロス大王役で出演しました。

またサウンドプロデューサーとして、ミュージカルソング16曲を母と共作。

中でもエンディングテーマ曲「バラの谷エンナ」には深い思い入れがあります。

 

「エンナ」とは、バラの国で知られるブルガリアに実在している「バラの谷」の地名。

ちょうど母と一緒に見ていたCS番組のブルガリア特集で知りました。

 

自然豊かなブルガリアの情景、咲き誇るバラの美しさ、そして「バラの谷エンナ」という語感の美しさ。

感激した母は、それをメインテーマ曲のタイトルに名付けることにしたのでした。

 

母の初稿

 

 母と共作する際は、まず母がイメージ母体となる歌詞やメロディーを作ることからスタートします。

それがこちらの初稿バージョン。本邦初公開!

 

バラの谷エンナ(初稿)

 

バラの谷エンナ

美しいエンナ

 

輝く緑の森は

小鳥たちのさえずりに包まれ

木洩れ陽の泉のほとり

羊は夢にまどろむ

 

甘い花の香りは

小さな妖精たちを誘い

遥か彼方から

西風はミューズのハミングを運ぶ

 

作詞・作曲/松原リディア美江

 

まだ歌詞は1番だけで、メロディーは童謡のような作風でした。

これを引き継いで、僕が残りを作っていきます。

が、僕は母と違ったアイディアを持っていました。

 

このミュージカルは神話世界を反映して、ドラマティックな楽曲や舞台演出で構成されています。

だからこそ、最後は一大叙事詩のようにスケールの大きな成熟した歌で締めくくりたかったのです。

 

そこで歌詞はこのまま引き継いで書いていく一方、メロディーは僕が1から作り直すことにして母の同意を得ました。

 

秘密の花園

 

すでに公演まで残すところ2ヶ月。

舞台稽古も大詰めを迎えている頃でした。

 

子役を含め、オールキャストで歌う唯一の曲。

1日も早く仕上げて稽古に臨みたいところ。

 

が、スケールの大きな楽曲を目指すほど、スランプに陥ります。

冒頭の歌詞「バラの谷エンナ 美しいエンナ」に合ったメロディーも、なかなか出てきません。

 

それにテレビで見たブルガリアの映像だけでは、イメージが足りませんでした。

イメージだけで作るなんて、味のない食事と同じ。

 

実際にこの身で体感し、魂の底から溢れ出てくるものを形にしなくては。

だから、どうしても必要でした。

僕だけの秘密の花園が。

(続く)

 

 

◾️今月のライブ動画◾️

新しいライブ動画をアップしました。

フェリー・コーステンの歴史的名盤をリミックスしたものです✨


Ferry Corsten - Ligaya (Hideki Matsubara Remix) Gouryella ヒデキマツバラ

 

◾️ヒデキマツバラ音源作品◾️

変拍子で奏でる 航空機シリーズ第3弾オリジナル曲「テイクオフ」✈️✈️✈️


TAKE OFF ヒデキマツバラ by Hideki Matsubara