ヒデキマツバラの猫道Blog

ドラネコ視点の少し風変わりな猫道(キャットウォーク)ブログ

今月4本目の動画 Desert Rose 公開しました 〜愛とは一夜限りの蜃気楼〜 - Love is Just A Mirage of A Night -

f:id:hidekimatsubara:20220131182852j:plain

 

このところハイペースで更新してます、YouTubeチャンネル。

早くも今月4本目となる動画「デザート・ローズ 」を公開しました。

 

名画「アラビアのロレンス」にインスパイアされて作り始めた歌で、オリジナルソング「ソフィー」の続編でもあります。

過酷な砂漠に咲くバラのような生き様を歌にしました。

 

 

この動画制作を機に、超高音質サウンドで編集しました!

オーディオステレオやヘッドホンで聴いていただければ、ライブ級の臨場感が体感できる仕組みです。

 

ちなみにこの時のライブ、風邪をひいて喉をやられ、リハでは歌うどころか、話し声さえ出せませんでした。

音程がものすごく不安定とはいえ、よくぞここまで歌い切れたものです^^;

 

さて、かつては苦労し通しだった動画編集ですが、今は楽しくて。

時間さえあれば、飲まず食わずで没頭してます^^

 

歌詞の字幕をつけるようになってから、バイリンガルでも精力的に取り組んでます。

理由は2つあって、海外リスナーにも歌詞のニュアンスを伝えたいのが1つ。

もう1つは、限られた言葉数で作った日本語詞の行間にあるものを、英語でダイレクトに描写できること。

 

それは歌の魂に耳を傾けることであり、歌をノベライズ(小説化)していく技でもあって。

作詞家として挑み甲斐があります。

 

歌詞の一部を例にとりましょう。

「ただ一夜にして 蜃気楼」

13個の音符に当てはめた、13文字の日本語詞。

そのニュアンスを厳密に英訳しようとした結果、こうなりました。

Love is just a mirage of a night(愛とは一夜限りの蜃気楼に過ぎない)

 

日本語で作詞する時、大事にしていること。

それは、詩情とか雰囲気、耳に入った時の響き、歌詞を目にした時の語感です。

一方、英訳する際には、詞の裏側に潜んだ本音を転写して、言葉に深みと重量感を持たせる表現力が決め手になります。

 

自分で作っておきながら、英訳することによって、それまで意識していなかったドラマ性が再発見できる。

その面白さがたまりません。

他にも随所でそうした英訳を施しているので、ぜひ字幕もチェックしてみてくださいね。

 

*動画の字幕が見れないよ〜!という方へ

動画下部の歯車⚙ボタンの左にある、キーボード型の字幕ボタンを押してください。

あとYouTube動画ページにも歌詞/英訳を掲載してますので、よろしければそちらも。

 

まだまだアップしたい動画がたくさん控えていて、出番を待ってるのですよ^^

選曲で心がけているのは、リアルタイムに見てくれるユーザーさん達のことを第一に考えて、季節感に合ったもの。

多様な自分であるためにも、同じジャンルの音や、同一ライブからの動画が続かないように配慮しつつ。

きっと次の公開曲は、バレンタインを意識して、切なく情熱的なラブバラードになるでしょう❤️

 

動画のほか、ここ猫道に関しても、やりたいことがいっぱい。

書きたいブログ記事ネタが50本余りありまして、全然追いついてません^^;

 

綿密に下調べや資料集めしながらブログ記事を執筆している時に限って、なぜか突発的な発想や出来事から新たな題材が生まれてくるもの。

後者はすぐ執筆しないと旬を逃してしまいますから、前者はどんどん後回し^^;

そんなことを繰り返していたら、今や下書きページに書きかけ記事が数百本!

もし1日1本ずつ仕上げられたとしても、2022年以内に発表しきれません^^;

 

ひとまず、昨年11月から再開してきたイベントやツアーが、今月で一旦終了しましたので。

コロナ第6波で再度イベントを自粛してる間に、少しでも多くの記事や楽曲を発表できたらいいなと思ってます^^

 

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
新着ライブ動画、超高音質で公開スタート‼️
名画「アラビアのロレンス」にインスパイアされた哀愁トランス『デザート・ローズ』🌺

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
三回忌を迎えた母に贈る、母の愛した賛美歌『フィンランディア』共演動画✨

 

◾️ヒデキマツバラLIVE動画◾️
マイケル・ジャクソンのカバーをディスコ調にアレンジした『今夜はブギーナイト』🕺