ヒデキマツバラの猫道Blog

愛猫家ミュージシャン、ヒデキマツバラの猫道(キャットウォーク)ブログ

松山城にしかない魅力 〜ヒデキマツバラと行く松山クルージングツアー(松山城探訪編)〜

f:id:hidekimatsubara:20191110145833j:plain

このツアーを企画した時、まず決めたことがあります。

松山城へ行こう!」

 

前回記事の続きです。

 

家族旅行や演奏旅行で、子供時代から幾度も足を運んできた松山。

そんな松山で一番印象に残っているのが松山城なんです。

 

その理由は実にシンプル。

他のお城にはない魅力があるから! 

 

ひとつめの魅力は、リフトやロープウェイで登ること!

なにしろ海抜132メートルの山頂に建てられた山城ですからね。

これがレジャー気分満載ですっごく楽しいのです^^

 

登りはロープウェイから。

しゅっぱ〜つ!

 

f:id:hidekimatsubara:20191110135837j:plain

 

ロープウェイを降り、歩いてさらに登っていけば、ドドーンとそびえ立つ石垣。

その高いこと高いこと!

f:id:hidekimatsubara:20191110140309j:plain

人と比べると歴然!

奥に見えてるのが天守閣です。

f:id:hidekimatsubara:20191110140724j:plain

 

最初の戸無門(となし・もん)が見えてきました!

f:id:hidekimatsubara:20191110141957j:plain

 

続いてメインゲートの筒井門。

三の丸や二の丸から本丸へ向かう、最重要かつ堅固な要所ですね。

f:id:hidekimatsubara:20191110144024j:plain

 

その隣の奥まったところにあるのが隠れ門。

f:id:hidekimatsubara:20191110150926j:plain

 

メインゲートに迫ってきた敵を、背後から急襲するために作られたのだとか!

f:id:hidekimatsubara:20191110144539j:plain

 

地元の広島城と違い、こうして幾つもの門をくぐりながら風情ある建物が続くのも、松山城の魅力です。

f:id:hidekimatsubara:20191110150534j:plain


そして見えてきました天守閣!

f:id:hidekimatsubara:20191110145718j:plain

 

これはみんなで撮っとかないとね ♪

f:id:hidekimatsubara:20191110150759j:plain

 

天守に通じる本壇入口にある一ノ門は当時のまま!

お殿様たちもこれをくぐったのですねぇ!

f:id:hidekimatsubara:20191110152431j:plain

 

城内に入ってからも、玄関口まで回路がぐるぐる続きます。

この筋鉄門(すじがね・もん)は天守玄関口を防衛するための要所。

あちこちに射撃口が!

f:id:hidekimatsubara:20191110151904j:plain


その射撃口や投石口を内部から見たところ。

f:id:hidekimatsubara:20191110153309j:plain

 

市街地があんな下に!

天守閣まで上がったらどんな景色が広がってるんだろ〜♪

f:id:hidekimatsubara:20191110154109j:plain

 

あわわ〜落ちるぅ!!! っていうアングル^^

f:id:hidekimatsubara:20191110154403j:plain

 

冒頭の方に掲載した石垣を、天守側から見た図。

最初の戸無門も見えますね。

f:id:hidekimatsubara:20191110154814j:plain

 
このアングルと色合い! この日のマイベストショット♪

f:id:hidekimatsubara:20191110160700j:plain

 

城内フロアで着付けイベントが催されてました。

f:id:hidekimatsubara:20191110160911j:plain

 

狭さと傾斜角がハンパない階段は、すれ違うのもひと仕事!

そんなアスレチックっぽいところも松山城の魅力だったり^^

さぁ、もうすぐ天守閣だ!

f:id:hidekimatsubara:20191110160338j:plain

 

あっぱれ!絶景かな!

f:id:hidekimatsubara:20191110200406j:plain

 

市街地の向こうに見えるのが、クルーズしてきた瀬戸内海。

f:id:hidekimatsubara:20191110200714j:plain

 

歴代のお殿様たちも見たであろうパノラマ!

f:id:hidekimatsubara:20191110200621j:plain

 

ってことで松山でもコスプレだ^^

f:id:hidekimatsubara:20191110201403j:plain

 

鎧甲冑すべて無料貸し出しサービス!

外国人観光客が列をなすほど大人気でした!

f:id:hidekimatsubara:20191110201801j:plain

 

と、ここで突如、決戦の火蓋が切っておとされた!

f:id:hidekimatsubara:20191110202241j:plain

エセニヤさん VS 岡田部長! 戦いの行方は!!?

 

ぎゃあああ〜!

やられた〜!!!

f:id:hidekimatsubara:20191110202357j:plain

と、こんな遊びが出来るのも松山城ならではの魅力^^

着付けからポーズ指導、カメラ撮影まで、すべて観光協会の方々がやってくださいました!

 

さ、そろそろ山を降りましょうか。

帰りはのんびり、リフトでお空のお散歩♪

f:id:hidekimatsubara:20191110202708j:plain

 

えも言われぬ良い花の香りに包まれながら、眼下に迫ってくる市街地。

f:id:hidekimatsubara:20191110202826j:plain

 

最後に松山城の歴史をかいつまんでご説明しましょう。 

松山城を築いたのは加藤嘉明。1600年に関ヶ原の戦い徳川家康側に従軍して、その戦功を認められたお殿様です。工事に20年かけたお城の完成を目前に、幕府の命令で会津へ転封(てんぽう)となりました。

その後いったん別のお殿様が引き継いだ後、伊勢桑名から転封してきた松平家が230余年にわたって代々松山城藩主を勤めたのでした。

 

というわけで、過去最大規模の写真満載でお届けしてきました本日のブログ。

松山城の魅力、あなたはいくつ発見できましたか?

(続く)

 

いつもサポートありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
下の【ミュージシャン】ボタンをポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村 

 

全面すさまじく赤一色に染まったオリジナル曲「チェックメイト!」


CHECKMATE! ヒデキマツバラ by Hideki Matsubara

 

DJヒデキマツバラ presents カクテルパーティー
SCORPIO RISING
スコーピオライジング〜

f:id:hidekimatsubara:20191021202449p:plain

【Date】2019-11-17(Sun)14:00 - 16:00
【Place】Miminowa Music Studio
【Admission】 ¥2750 (with Special Cocktails & Sweets)
【Performance】DJヒデキマツバラ、MAYUMI、コンスタンツェ、SAM
【Reservation】DJヒデくん 又は info@miminowa.com までご連絡ください(11/12予約〆切)