ヒデキマツバラの猫道Blog

愛猫家ミュージシャン、ヒデキマツバラの猫道(キャットウォーク)ブログ

いざという時、あなたはどうなってしまうのか? - LOST & FOUND -

 

先日はカクテルパーティーSPELLBOUNDへのご来場ありがとうございました!

 

ご覧の通り、母の席も用意して、新曲「SPELLBOUND」を聞かせてあげました。

 

f:id:hidekimatsubara:20200220225345j:plain

 

 

答えの出ない疑問

いざっていう時、自分はどうなるのか?

あなたも考えてみたこと、ありませんか?

 

最愛の人がこの世からいなくなったら、あなたはどうなってしまうのだろう?

こればかりは、その時が来ない限りわからないものです。

 

僕も折に触れて考えてきました。

いつか最愛の母を亡くす時が来たら、と。

 

そうなったら、最悪、まともな社会生活が送れないくらい廃人化するかも。。。

などと、若い頃は恐れおののいたものでしたが。

 

その時は唐突に訪れました。

そして、僕は答えを得たのです。

 

ついに発見したもの

母が亡くなって、まだひと月にもなりません。

なのに、僕は音楽を作り続け、イベントを企画し続けています。

 

こんな異常事態なのに、人に夢を見せたくて仕方ない自分がいる。

人から哀れまれ、同情されているとわかっていても、それでもなお快活に人を笑わそうとしている自分がいる。

 

そう、母と同じ道──人に喜びを提供すること──しか見えてないんです。

それが母の供養になり、僕の心の糧にもなっているとわかってる。

 

確かに、母を亡くしたことは、人生で埋め合わせのつかない大きな損失でした。

でも失って初めて、発見したものがあります。

 

どんな状況でも、芸術と創造に道を見出せる自分がいることに。

それは芸術的で創造的だった母のDNAが、自分の中で生き続けている証でもあります。

それを発見できたことが、僕は嬉しくて嬉しくてたまらないのです。

 

喜怒哀楽のパワー

喜怒哀楽。

日々、様々な感情に見舞われます。

こんな状況なので、時には翻弄されもします。

 

それが、かえって僕の創造性を刺激します。

どんなネガティブな感情であれ、僕を新しい音楽づくりの軌道へとのせてくれるのです。

 

何が起きても、クリエイトする方向にエネルギーが向かっていく。

それが喜びであり、

それが慰めであり、

それが救いです。

 

母と共作した「アイラブ平和大通り」ピアノを弾いてる母の上にもシャボン玉が舞い降りてます。


I LOVE 平和大通り by ミュージックハウス美美の環 松原リディア美江 ヒデキマツバラ