読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒデキマツバラの猫道Blog

日常に潜むシュールな瞬間を切り取ったドラネコ風エッセイ

白龍あらわる

今年最後に、もうひと仕事とりかかっている。 ご依頼主は、来年フラワーフェスティバルに出演される演奏家の方。 新作のサウンドプロデュースと作詞のご依頼である。 まず編曲からとりかかろう。 風邪が治りかけたその晩、 意気込んでパソコンに向かっていた…

白銀の光

それに気づいたのは、ここ1年かそこら。 どうにも説明できないことだし、 うまく説明できたとしても、聞き手には共感しづらい話。 いぶかり、拒絶する人だっているかもしれない。 それで自分の胸の内にとどめてきた。 でも、このブログだったら、 面識も利…

憑いてきたハイヒール

バスを降りると、のどかな団地が広がっていた。 民家の間からレンコン畑がのぞく。 母と二人で墓参り。 よく晴れた日だった。 緩やかに傾斜した坂道を登りきると、 高速道路の高架下トンネルに差し掛かる。 それは100メートルほどの広いトンネルで、 ハイウ…